アブラナの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>アブラナ

アブラナ(菜の花・ナノハナ・油菜)

アブラナ
科名アブラナ科
属名アブラナ属
学名Brassica
別名菜の花・ナノハナ・油菜
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


こぼれダネでも増える
庭植えすればこぼれダネで毎年ドンドンと増えていきますが、繁殖力があるので注意してください。広い場所で群生していると非常に迫力があります。
食べられる??
セイヨウアブラナも在来種のアブラナも見た目の近いカラシナも育て方は同じですが、セイヨウアブラナが食べられるのは新芽の部分だけです。無理に食べないようにしましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。ほとんど庭植えにすると思います。庭植え(地植え)にした場合は降雨だけで十分です。日照りが続くようであれば水をやってください。
鉢植えの場合
たまに鉢植えが店頭に出ることがあります。水やりは普通の植物の水やり同様に「土が乾いたら水をやる」ようにします。土が濡れているならば水はやりません。長い間土が濡れている状態が続くと根が腐って枯れてしまうからです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植えつけます。あまり水はけの良い土では乾燥しすぎてよくありません。
育てるなら種子から
根がまっすぐ一本太い根が伸びるタイプで、この根が傷つくと枯れてしまいます。そのため何処かで引っこ抜いてきて植えても根付かず枯れてしまいます。アブラナを育てるならば種子を撒くようにします。種子はネットやホームセンターで販売しています。
こぼれダネで翌年も
黄色い花が終わるとマメっぽいサヤをつくり黒く熟すとこぼれて翌年に芽を出します。むつかしくありません。邪魔なほどに増えます。

管理場所・日当たり


日光を好みますので、日当たりのいい場所で管理します。寒さに強く、霜に当たっても枯れませんので、気にせず戸外で管理します。むしろ寒さに当たって花芽をつけるので、しっかりと寒さに当てなくてはいけません。

特徴・由来・伝承

アブラナ科の花はどれも似通っていて、俗に言う「菜の花」はアブラナ科が咲かせる花全般を指すことが多いです。ですが、和え物にして食べる菜の花はアブラナのことです。
古くから野菜としても食べられ、江戸時代以降は種子から「菜種油」が取れるために栽培されてきました。

現在市場に流通している野菜のナノハナは「セイヨウアブラナ」で、日本古来のアブラナとは違います。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用