スイレンの育て方

MENU
TOP>スイレン科>スイレン
スポンサードリンク

スイレン(睡蓮・ロータス)

スイレン
科名スイレン科
属名スイレン属
学名Nymphaea
別名睡蓮・ロータス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

睡蓮には大きく分けて何種かあります。ひとつはヒメスイレンと呼ばれるものです。ヒメスイレンは日本自生のヒツジソウと呼ばれるものを改良したもので、寒さにも強く、育てやすいスイレンです。次は「温帯睡蓮」とか「耐寒性睡蓮」と呼ばれるものです。寒さに一定の耐性があるので、育てるのは難しくありません。最後は「熱帯睡蓮」です。熱帯出身なので、寒さに弱く15度を切ったあたりで枯死するために、冬は室内での保温が必要になります。
●ちなみにメダカは4度から40度。メダカは水が凍らなければ大丈夫。40度以上になることは普通無い。

生育サイクル
春に芽を出し、開花。寒くなると葉が無くなり、休眠状態に入ります。休眠の時は肥料があると腐りやすいので、お盆以降は肥料を断ちます。
●春から夏に掛けての葉っぱの勢いはすごい。
●葉っぱが多いと開花が鈍くなる。脇芽はある程度根元から間引いた方がいい。
●黄色い葉や枯れた葉は取る。株に日光が当たらないため。沈んでいる葉っぱも取る。水が汚れるから。
●まだ緑色が残っている葉っぱの茎を水中で切ると、そこから水が入って球根が腐る、という話もあるが、あんまり気にしないで間引く。
●株元に日がささないと花芽が上がってこない。葉っぱが茂りすぎるのはいろいろと良くない。かならず間引く。
●睡蓮のポット鉢は臭い。普通です。
●冬越しが出来ない場合は、「もう熱帯睡蓮は一年草」と割り切る心の広さも必要。
スポンサードリンク

水やりと肥料

スイレンは水を張った中につけるので、水遣りそのものは必要ありません。水が減ってきたら足してやってください。ただし、スイレンは水にどっぷりとつかって入るものの、あまり深いと、日光が届かなくなり、株が弱ってしまいます。また水が濁っていても日光不足になります。夏場は水が腐りやすく、日光不足になることも。
●水はきれいに。汚い水は日光不足を招く。
●冷たい水は駄目。綺麗な湧き水を引いて「睡蓮の池」を作った人がいるが、枯れたそうです。常に冷えた水が流れ込むのは駄目。
●ボウフラ対策にメダカを放つ。

肥料
●肥料が根にあたると、根が傷む。出来るだけ根に当たらないようにする――が、元気な株は鉢から根が飛び出して根に当たらないように肥料をやるのは難しい。あんまり気にしないでもいい。当たらないほうがいいが、当たったから枯れるほどでもない。
●肥料は春に浮き草が出てきてからやる。それまではやらない。
●お盆を過ぎたら肥料はやらない。休眠期に肥料をやると株が弱ってしまう。
●お盆以降も葉っぱ・花芽が出てくるが、心を鬼にして肥料はやらない。

植え付け・植えかえ・種蒔き


睡蓮の土には粘着性の土を入れます。ホームセンターに「水生植物の土」というものがありますのでそちらを購入するといいでしょう。どうしても手に入らない場合は赤玉土か黒土に水を混ぜてこねて粘土状にして使います。
●植える鉢は穴ありでも無しでも大差ない。普通は穴が空いている。
●小型ハスを育てるときは直径30cmの鉢に植える。小さいと開花が少ない。普通の睡蓮は直径15cmから18cm程度の小さいもの。
●30cmの鉢を沈められる睡蓮鉢は重い。池があるなら池がいい。

スイレンは睡蓮鉢で育てるのが一般的です。睡蓮鉢は円形で口が広いものです。四角い場合だと、伸びた根が角を伝って外に出てきて痛んでしまいますので、必ず丸い鉢を用意してください。
●一般的には睡蓮鉢に、睡蓮を植えた鉢を沈めます。これが管理が楽です。見た目が悪いなと思ったら、石を沈めた鉢の周りに入れるといいですが、やっぱり管理がメンドイからイラストのようなのが楽。睡蓮鉢と沈める鉢の色が似たようなら気にならない。
●睡蓮鉢に沈めている鉢から、時間を掛けて「粘土質の泥」が溶けてなくなって、球根が露出することがあります。その場合は赤玉土でもいいし、睡蓮の泥を買ってきて被せてもいい。

タグプレートをつけよう
何を植えたか、分かるようにタグをつけるようにします。睡蓮鉢につけるのがいいでしょう。タグをつけていないと、何を植えたのかサッパリ分かりません。花が咲いてやっと分かるという状態になりますよ。

●花が咲いたら種子が取れる。種子を撒くと株が増やせる。ただし、親の性質を受け継がないので、違う色の花が咲くなどするので種子から育てるのは一般的ではない。でも、種子から育てる人もいますし、それはそれで楽しいらしいです。
●種子は乾燥させると発芽は厳しい。発芽には30度必要。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好み、日光が当たるほどに成長が早くなり、花つきが良くなります。日光が当たらない睡蓮鉢は観葉植物に過ぎません。それでも綺麗ですけど。

●関東では冬越し出来るが、100%出来るとは限らない。寒さに当たって春に芽が出ないなぁと思ったら枯れてることはある。
●熱帯睡蓮など冬は寒さ(水温15度)で枯れることがあるので、真冬(1月から2月)は室内に入れる。が、少なくとも12月中旬までは戸外でしっかりと寒さに当てる。

その他

花が咲かない
●葉っぱが多すぎないか??
●球根に日が当たっていないと花芽が出ない、というか出にくい。葉っぱを間引く。
●葉っぱが多いと栄養がそちらに回って花が咲きづらい。
●品種によってはなかなか咲かない。
●熱帯睡蓮の場合は気温が高くなるまで葉っぱも出ないことがある。7月になっても葉が出ないということもある。品種にもよる。

特徴・由来・伝承

地下茎から茎を伸ばして葉っぱや花を浮かべます。熱帯スイレンの原産地はエジプトとされ、古代エジプトの壁画や彫刻には睡蓮に関する表記があります(「聖なるハス」という表記があるが、スイレンとハスは別物であり、ハスはエジプトに無いため、このハスはスイレンを指す)。

ハスとスイレンは、よく似ていますが、別種の植物です。ハスの根はレンコン(蓮根)ですが、スイレンの根は蓮根ではありません。

日本では睡蓮を干渉するための鉢を「睡蓮鉢」と呼びます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用