四季咲きナデシコ・テルスターの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>四季咲きナデシコ・テルスター
スポンサードリンク

四季咲きナデシコ・テルスター

四季咲きナデシコ・テルスター
科名ナデシコ科
属名ナデシコ属
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方はナデシコやセキチクなどと同じです。テルスターは矮性といって背が低いタイプ(20センチほど)なので、庭の前景に向いています。

夏の暑さ対策に切り戻す
枝分かれが強くボリュームが大きくなりますが、高温多湿に弱く、あまり繁茂すると夏に蒸れて痛んでしまいますので、7月前後に地上何センチかを残してきり戻してしまいましょう。

寒さに強い宿根草
寒さには強いので、防寒などは不必要な宿根草です。暑さに弱いとはいっても夏越えは難しくありません。

終わった花は摘む
花がしおれたら摘みます。花を放置しているとエネルギーが種子づくりに回って次の花が咲きづらくなります。また花びらが腐って病気のもとになることがあります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりやってください。頑健で渇き気味に管理するのがコツです。土が乾いていないであれば水やりは控えてください。特に夏の暑さと湿気に弱く、この時期に水をやりすぎたり、風通しが悪いと根腐れを起こしてしまいます。

肥料
春から秋にかけて成長する時期には液肥を薄めたものを一週間に一回あげてください。四季咲きナデシコ・テルスターは頑健で肥料が少ないからといって枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土がこのましいです。市販されている花と野菜の土でもかまいませんが、赤玉土を混ぜて水はけを良くするなどすると尚よいです。

夏の暑さに弱いので、夏の前に切り戻して、できれば風通しのいい場所で管理します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好みますので、日当たりのいい場所で管理します。日光が不足すると下の葉が枯れてきます。

夏場対策
四季咲きナデシコは高温に弱いので、暑さ対策に風通しのいい場所で管理してください。鉢植えの場合は夏は半日陰へと移動させます。
●庭植えする場合は、多少花付きが悪くなっても半日陰に植えて、夏の暑さ対策にするか、夏になると葉っぱが茂る木の根元に植えるなどします。
●どうしても夏場に日が当たって高温になる場合は、ヨシズなどで日陰を作ります。

特徴・由来・伝承


四季咲きナデシコの中の一品種・テルスターに関するページです。四季咲きナデシコはビジョナデシコとセキチクの交配種で背が低く、暖地では冬でもチラホラとですが花を咲かせます。テルスターはその一品種です。
育て方に関してはカーネーションやナデシコも参考にしてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用