ポリゴナムの育て方

MENU
TOP>タデ科>ポリゴナム
スポンサードリンク

ポリゴナム(ヒメツルソバ・カピタツム)

ポリゴナム
科名タデ科
学名Polygonum capitatum
別名ヒメツルソバ・カピタツム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

濃い緑の葉っぱに金平糖のようなピンクの花を咲かせる匍匐性の植物。開花時期は長いですが、真夏の日当たりでは花が一時的に止みます。
冬は地上部が枯れますが春にはまた芽吹く
霜に当たると地上部は枯れてしますが、地面が凍らない限りは根は生きていて春になると芽吹く宿根草。またこぼれダネを残すのでそれから繁殖します。ポリゴナムの耐寒温度はマイナス5度とかなり頑健。

水やりと肥料

鉢植えにしている場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやります。庭植えしているのであれば基本的に降雨だけで十分です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土質を選ばず頑健に育ちます。広い場所が空いているのであれば、ポリゴナムを庭植えすると良いですが、限られた場所にポリゴナムを庭植えしても、雑草並み(というかほとんど雑草)に繁殖力が強くほかの植物を追いやるかもしれません。そこで、鉢・プランターなどに植えつけるのも手です。
霜に当てなければ常緑で越冬も
ポリゴナムは霜に当たると枯れるので、鉢に植えつけた場合は、軒下に移動すれば、簡単に常緑で冬越しできます。といっても、霜に当たって地上部が枯れても根は生きている宿根草で春にはまた芽吹きます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、半日陰・明るい日陰でも繁殖します。グランドカバーとして植える場合が多いのですが、繁殖力が強すぎて、近接して植えたほかの植物を駆逐しかねないため、植える際は計画性が必要です。

特徴・由来・伝承

ヒマラヤ原産でガーデニング材として輸入後、ほとんど野生化しています。育て方といっても、道端に生えているくらいですから、その繁殖力、頑健さは、人の手間が不必要なほどです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

タデ科の仲間


タデ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用