モミジの育て方

MENU
TOP>カエデ科>モミジ

モミジ(紅葉・楓)

モミジ
科名カエデ科
学名Acer
別名紅葉・楓
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日光を好みますが、夏の強い日差しに当たると葉っぱが焼けて変色してしまいます。鉢植えでしたら、夏は半日陰に移動させて下さい。庭植えしている場合は仕方ないのでそのままにしておきましょう。

耐寒性があり、冬は問題はありません。
まとめ
●乾燥に弱い。夏は水やりを葉っぱに掛けるようにするか、最初から半日蔭に植える。
●根元にグランドカバーを植えて蒸発を防ぐことも。
●邪魔な枝を落とす程度の剪定にする。
スポンサードリンク

水やりと肥料


モミジ(カエデ)は山の奥の木漏れ日がそそぐような、谷あいの川の近くに自生する植物です。どちらかというとジメジメした場所を好みます。
土が乾いていたら水をやってください
鉢植えの場合は土が乾ききる前に水をやってください。非常に水切れしやすいです。庭植えの場合も乾燥するようならば水をやってください。
葉っぱに水を掛けてください
紅葉は乾燥に弱く、水が切れると葉っぱが縮れてしまいます。一旦縮れると戻りません。夏は乾燥を防ぐために、葉っぱにも水をかけてやって下さい。
●葉っぱが乾燥で縮れて茶色になったら、元に戻りません。これをそのままにしていると紅葉しません。そこで茶色になった葉っぱは8月中にむしってしまいます。そうすれば9月以降に新しい葉っぱが生えてきて10月11月の紅葉に間に合います。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い、肥沃な土を好みます。やせていると生育が鈍くなります。
●モミジは乾燥に弱いです。特に真夏に根元に日が差し込んでいるとマズイことになります。そこで水の蒸発を防ぐために根元にグランドカバーになるものを植えるか、バーグや腐葉土といったもので地表を隠して蒸発を防ぎます。

参考
植え替えの基礎
古い土の処分方法(初心者向け)
植え付け直後に水をやる
植え替えする理由
植えつけの手順
モミジの植えつけは落葉時期に行います。葉っぱが残っている時期に植え替えをするとダメージが大きいです。
●直径30センチ深さ30センチの穴を掘ります。
●油かすと円構成比料を3:1で混ぜたもの二握りと、掘り出した土を混ぜて、穴の底に敷きます。そのうえに間土を入れます。間土は肥料が入った土と根が触れないようにするためのものです。参考:庭木の植え方の基礎
●モミジの株を入れます。根鉢を軽く崩します。少し崩した方が根の張りが良いです。
●8割ほど土を入れたら、一旦、水を入れます。水を入れて、モミジの幹を揺らします。これで土と水を出来るだけ行き渡らせます。隙間があるとそこには根が張りづらくなり、生育が鈍くなります。
●更に土を入れます。
●枝を裁きます。植え付けは根にストレスになるので、枝を落とすことで負担を減らすと生育が良くなります。
●枝分かれが激しい所は落とします。例えば両側から枝が出ていて三つ又になっているところ…例えば「−∋−」を枝だとすると…「∋」を切って「−−−」にする。
●終了

管理場所・日当たり

結論から言うと半日陰が適地
日当たりを好みますが、夏の乾燥と直射日光に弱いので、これを見越して、半日陰の場所が適してます。一日のうちで数時間しか日が差さない場所であっても生育します。
●日当たりが悪いとどうしても、紅葉の色合いが鈍かったり、葉の茂り方に勢いが無いことがあります。でもしょうがないです。枯れるよりいいです。
●モミジは普通、谷あいの渓流のそばに生える植物です。

剪定について

紅葉し、その後落葉したら、枝を剪定してすっきりとさせます。枝が込み合っていると見苦しいので切り落としてしまいましょう。花を楽しむ木ではないので、花芽を気にせず好みの樹形に整形してください。
参考
カエデの剪定
病害虫と対応の農薬
ゴマダラカミキリ→ 園芸用キンチョールE

特徴・由来・伝承

モミジ=カエデです
一般にモミジという言い方をしますが、本来、モミジはカエデが紅葉したものを指しています。よってモミジの育て方はカエデの育て方と同じです。
参考:カエデとモミジは違うモノ??
種子もかわいいのです
モミジの花は風媒花(フウバイカ)で、花粉を風で飛ばすため、虫や鳥に見つけてもらう必要が無く、非常に地味。実には翼がついていて、落ちるとクルクルと回転して落ちる。

カエデの仲間、サトウカエデ(ハードメープル)は樹液が甘く、樹液を煮詰めたものが「メープルシロップ」になります。

鮮やかに紅葉する条件の中に、「昼と夜の温度差が激しいこと」という話をよく耳にします。コレは紅葉の「赤」は光合成によって作られた糖分が、分解して作られるためです。そのため暖地では、モミジは紅葉が綺麗にはなりにくいです。
参考
生垣に向いた植物の一覧
オススメの庭木リスト
ナチュラルガーデンに向いてる植物の一覧
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

カエデ科の仲間


カエデ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用