カリフォルニアローズの育て方

MENU
TOP>ツリフネソウ科>カリフォルニアローズ
スポンサードリンク

カリフォルニアローズ

nophoto
科名ツリフネソウ科
属名ツリフネソウ属
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

カリフォルニアローズはバラ咲きのインパチェンスです。育て方はインパチェンスも参考にして下さい。

真夏は暑さで株が弱り、花がつきづらくなります。この時期は肥料を控えてください。

コンクリートの上に鉢を置いたり、強い西日に鉢が照らされたりすると根が熱せられて傷みますので、コンクリートと鉢の間にレンガを挟んだり、台を置いて、風を通してやります。

水やりと肥料

水切れが起きやすい
土が乾いて居たら水をしっかりとやります。カリフォルニアローズは水を好み、水切れを起こすと急激に弱ります。春から初夏までは毎日、夏は一日に朝と夕方の二回、秋以降はまた毎日……冬は寒さに当たって枯れてしまいますが、室内に取り込めば冬を越して来年も育てることが出来ますが、冬越しは大変です。

花に水が掛からないようにしましょう。花に水が掛かると花がしぼんでしまいます。根元の土に水を注いで下さい。
肥料
花が咲く時期は液肥をあげてください。非常によく咲きます。肥料が切れると花が途切れます。液肥を一週間に一回あげてください。

冬は水を控える
一般的ではないですが、冬越しも出来ないことは無いです。室内に取り込み、水を控えます。土が乾いて数日たって水をやります。水の量は底から染み出すくらい。冬の間は枯れもしませんが、成長もしないので根気が必要です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


酸性土壌を好みます。日本の土は大抵弱酸性なので、気にする必要はありません。市販している花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりへ、真夏は半日陰
春は日のあたる場所でもいいですが、理想は風通しのいい半日陰…一日のうち数時間だけ日があたる建物の東側などです。
真夏の日差しは強すぎて、葉っぱが焼けてしまいますので、日当たりで管理していても、真夏だけは半日陰や木漏れ日の場所に移動させてください。
冬越しも出来ない訳じゃないですが一年草扱いで
冬は刈り込んで5度以上の室内で管理すれば越冬も可能です。ですが一般的には一年草扱いです。

その他

カリフォルニアローズはしぼんだ花が摘み取らなくても自然と落ちます。セルフクリーニングと呼ばれる性質です。といっても、花が葉っぱに落ちると、こびりついて腐り、病気の元になりますので、葉っぱに付いたものに関しては取り除いてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

カリフォルニアローズの関連記事

ツリフネソウ科の仲間


ツリフネソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用