クロサンドラの育て方

MENU
TOP>キツネノマゴ科>クロサンドラ
スポンサードリンク

クロサンドラ(ヘリトリオシベ・ジョウゴバナ・クロッサンドラ)

クロサンドラ
科名キツネノマゴ科
学名Crossandra
別名ヘリトリオシベ・ジョウゴバナ・クロッサンドラ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ワックスが掛かったような葉の
夏から秋までのガーデニング材

くろサンドラは夏の暑さに強く、直射日光にも強い方ですが、それでも真夏の直射日光には葉やけしてしまいます。出来れば夏は半日陰に移動させると良いです。歯焼けはしますが枯れるほどではありません。でも元気が無くなります。
一年草扱い
自生地では多年草で、8度あれば越冬も可能ですが、8度というのは室内でも真冬になれば十分下回る温度です。普通はしません。苗が高くないので、一年草として扱うことがほとんどです。

水やりと肥料

水やりは一般的に
土が乾いていたら水をしっかりとやります。鉢植えにした場合、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。受け皿をしていて、水が受け皿に溜まっていたら、水を捨てて下さい。梅雨の時期は水を控えてください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。
花がよく咲くので追肥が必要
花が咲いている間は液肥を月に3回あげます。肥料が切れると花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けます。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。必ず新しい土で植えてください。

管理場所・日当たり

真夏は半日陰へ
クロサンドラは夏の暑さには強いですが、直射日光に若干弱く、真夏の日当たりに置いておくと葉っぱが黒く変色してきます。真夏の直射日光に当たると株が弱くなりますので、この時期だけは日よけをするか、半日陰へと移動させます。暑さには強いので、温度は問題なく、風通しがよくある必要はありません。

日当たりがよくないと葉っぱのツヤも悪くなり、花つきが悪くなり、花の色も鈍くなってしまいます。真夏以外は出来るだけ日当たりがいいところで管理して下さい。

その他

花がしぼんできたら茎ごと切り取ってしまいます。しぼんだ花をそのままにしておくと、種を作ろうとして、栄養をそこへとまわして、株が弱くなり、次の花が咲きづらくなります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

クロサンドラとかクロッサンドラと呼ばれる熱帯性の植物です。熱帯性っぽい鮮やかなオレンジの花を咲かせ、葉っぱにワックスがかかっているみたいにツヤツヤしています。暑苦しい、と感じる人も居ます。

自生地では多年草です。気温が10度以上あれば、年中咲かせることも可能です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キツネノマゴ科の仲間


キツネノマゴ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用