ルリタマアザミの育て方

MENU
TOP>キク科>ルリタマアザミ

ルリタマアザミ(エキノプス・瑠璃玉薊)

ルリタマアザミ
科名キク科
属名ヒゴタイ属
学名Echinops
別名エキノプス・瑠璃玉薊
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋か春に種を撒き、それが夏に咲く。というパターンです。夏の多湿に弱いです。関東では夏の間は軒下の半日陰へ移動させれば、何年も育てることが可能です。

花もチクチクしていますが、アザミという名前のとおり、葉っぱもチクチクしますので、安全性を考えて人が通る場所には植えないほうが無難です。

冬は地上部が枯れます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

高温多湿に弱く、乾燥に強いタイプです。土が乾いていたらしっかりと水をやりますが、梅雨から夏に掛けては水を控えめにして管理して下さい。
梅雨の際に長い間、雨に当たると立ち枯れ病になり、枯れてしまいます。梅雨・夏の間は軒下の半日陰へと移動させてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の土壌を嫌いますので、庭植えする場合は、土に石灰を混ぜ込んで中和させて下さい。日本の土は放置しておくと徐々に弱酸性へと変わります。

水はけの良い土を好みます。市販されている土に赤玉土を混ぜて水はけを良くするか、赤玉土7腐葉土3を混ぜて使います。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所を好みますが、夏の多湿に弱いので、その間だけでも半日陰に移動できることが好ましいです。
●夏の多湿に弱い(暑さには大丈夫)
●土の水はけがよく、風通しが良ければ、雨が少々当たっても大丈夫。
●上記環境しだいで毎年咲きます。
●環境(日当たり・肥料・風通し)によって背丈50センチ~140センチくらい育ちます。

その他

アブラムシ・アオムシ・立ち枯れ病などが発生します。

特徴・由来・伝承

針を無数に刺したような、ネギボウズにも似た花が咲きます。涼しげというよりは無機質な印象があります。切花として流通していて、結構高いので、庭で花が咲いたら得した気分に。
高温多湿に弱いので、暖地での夏越しは厳しいです。

学名の「エキノプス」の語源は「ハリネズミ」から。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用