アベリアの育て方

MENU
TOP>スイカズラ科>アベリア
スポンサードリンク

アベリア(ハナゾノツクバネウツギ)

アベリア
科名スイカズラ科
属名ツクバネウツギ属
学名Abelia×grandiflora
別名ハナゾノツクバネウツギ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


大気汚染にも強いので道路の植え込みにも使われます。あまりに茂るので、年に二回か三回の刈り込みが必要な場合もあります。

春から秋の非常に長い期間に花を咲かせます。真夏の他の花が休む時期でも花を付けるために、ハチやチョウがやってきて蜜を吸います。

成長が早く大きくなりますので、狭い庭ではもてあますかもしれません。

水やりと肥料

地植えの場合は、根付くまで水をやりますが、一旦根付いたら、日照りでもない限りは降雨だけで充分です。乾燥に強い植物です。

鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやってください。鉢植えの場合は土が濡れている時は水やりをしないでください。また秋から冬は水やりをさらに控えます。
●鉢植えの場合、水をやりすぎると根が腐ることがあります。
●庭植えにして生垣にしたり、庭樹の花のメインになる便利な樹なので、鉢植えでもいずれは庭植えを検討してください。

肥料
春に固形の緩効性肥料をあげます。土が肥沃ならば肥料は必要ありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの場合は、赤玉土5鹿沼土2腐葉土3を混ぜたもので植えます。庭植えにする場合は、土質はあまり選びませんが、あまりに水はけが悪いと傷んでしまいます。粘土質で水はけが悪いならば、腐葉土や川砂を混ぜるなどして、水はけを良くしてから植えます。
●広がる植物ですので、株間は2m空けましょう。
挿し木でも簡単に株が増やせます。

北海道以外の土が凍らない場所なら育ちます。

植え付け時期は真夏と真冬以外。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好むのですが、半日陰であっても充分耐えられる植物です。ただし葉っぱの模様を楽しむ種類もあり、葉の模様も日当たりがいい方がクックリと出ます。花をメインにしても葉っぱをメインにしても日光が当たった方がアベリアには良いです。特に花つきが違います。
●常緑ですが、寒冷地では冬に落葉します。落葉しても春には新芽が出ます。

その他

成長が早く、少々強く刈り込んでも枯れたりしません。花が終わった11月に刈り込むと翌年の新芽が出やすくなり、株が大きくなります。
●マメに刈り込むと、密に葉が茂ります。生垣にして目隠しにするときには、マメに刈り込みましょう。
●花を無視するならば、新芽が芽吹く前の3月に一回。新芽が芽吹いて、夏前の6月7月にもう一回刈り込みます。

花メインの時の剪定
枝の先に花芽がつくタイプなので、生育期の春から秋に掛けてこまめに散髪するように刈り込むと花芽が切り落とされて花が少なくなります。必要でない枝を根本から切り落として間引きすると、枝先の花が残って花が咲きます。
●花をメインにする場合は、11月に刈り込むだけにします。

特徴・由来・伝承

ツバネウツギ属のラテン名が「アベリア」。特に、Abelia X grandifloraのことを指します。これは近年、道路わきに植えられるようになってからと推測されます。

関東より西の暖地では真夏の酷暑に耐えられず花が付かない植物が多い中で、直射日光にもまけずに花を咲かせるこのアベリアに蝶や蜂が蜜を吸いにやってくる。

アベリアの仲間のツクバネウツギは日本自生の植物ですが冬には落葉します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スイカズラ科の仲間


スイカズラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用