アローカシアの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>アローカシア

アローカシア

アローカシア
科名サトイモ科
学名Alocasia
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

一年中、直射日光の当たらない、日陰か半日陰が向いています。直射日光に当たると葉っぱが変色して枯れてしまいます。

水やりと肥料

春~夏に掛けての生育期には水をしっかり与えて、ソレとは別に葉っぱに霧吹きをかけてやってください。ハダニの対策にもなります。

●冬は成長が止まっていますので、冬に水を控えます。土が乾いてから、数日経って水をやります。

●冬に室内の暖かい場所は空気が乾燥しています。すると、葉っぱは乾燥して元気がないのに、土は濡れているという状態になります。このときに水をやると根腐れを起こしてしまいますので、葉っぱには霧吹きで水分を与えましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている「観葉植物の土」か、赤玉土腐葉土3の水はけのよい土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

一年を通して適した場所は「半日陰」です。日陰でも育つのですが、極端に日が少ないと、茎が弱くなり、葉っぱの重さに耐えられず、倒れこんでしまいます。最低気温が15度以上になったら戸外の明るい日陰や、半日陰…というか木漏れ日がさすような場所で管理してもかまいません。直射日光が当たると葉っぱが焼けて変色しますので直射日光が当たる場合は、ヨシズやカーテンなどで遮光する必要があります。

アローカシア種は10~15℃以上ないと冬を越せません。寒くなる前に室内に取り込みましょう。

リビングの明るい場所に置いて、温風が当たらないようにしてください。乾燥で葉が傷んでしまいます。

特徴・由来・伝承

アローカシアというのは、サトイモ科のアローカシア属全般を指していますが、ここで扱っているのは、アローカシアと呼ばれる観葉植物の中で、クワズイモを除いたものです。クワズイモはアローカシア属ですが、他より耐寒性があり育てやすく、性質が若干違います。

濃い緑の葉に白い葉脈の入った様子は、植物というよりは別の造形物のようでもあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用