ゴテチャの育て方

MENU
TOP>アカバナ科>ゴテチャ

ゴテチャ(ゴデチア・色待宵草)

ゴテチャ
科名アカバナ科
属名クラーキア属
学名Clarkia amoena
別名ゴデチア・色待宵草
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


矮性処理した品種は背丈が20センチほどですが、矮性処理していないものは80センチ前後と大きく育ちます。矮性処理していないものは背が高くなり、風や雨ですぐに倒れます。

秋に種を撒いて、春から初夏に掛けて花が咲き、夏に暑さで枯れてしまう一年草です。寒さには強く防寒は必要ありませんが、高温多湿に弱く、長雨に晒されると痛んでしまいます。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。比較的乾燥に強く、多湿になると枯れてしまいますので、水のやりすぎに注意して下さい。
水をやるときは花にかからないように、土に注ぐようにして水をやってください。

肥料はほとんど必要がありません。肥料が多いと徒長してヒョロヒョロと茎ばかりが伸びて花がつきづらくなります。日が当たっているのにヒョロ長くなったら肥料を控えて下さい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植え付けします。赤玉土6腐葉土3川砂1の水はけのよい土で植えるか、市販されている花と野菜の土で植えるか、花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくして植えます。
移植を嫌うので、一旦植えたら移動させないでください。種蒔きか、苗を植えます。苗を買ってしばらく放置していると育って、移植しても失敗しやすくなるので、買ったらすぐに植えましょう。

管理場所・日当たり

日当たりのよい場所で育ちます。日当たりが悪いとヒョロ長くひ弱に育ってしまい、花つきも悪くなります。

特徴・由来・伝承

透明感のある鮮やかな色合いの花を咲かせるゴテチャ。なぜゴテチャという名前なのかは分かりません。色待宵草(イロマツヨイクサ)という情緒のある別名もあるんですが。

一年草で非常に花がよく咲きます。切花として流通しているので、花が咲いたら、切って水揚げをすれば、切花としても楽しめます。しかし、密に植えると蒸れて枯れてしまうことがあります。水をやりすぎると根腐れを起こします。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカバナ科の仲間


アカバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用