オジギソウの育て方

MENU
TOP>ネムノキ科>オジギソウ

オジギソウ(ネムリグサ・ミモザ・羞恥草)

オジギソウ
科名ネムノキ科
属名オジギソウ属
学名Mimosa pudica
別名ネムリグサ・ミモザ・羞恥草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日本では一年草扱いです。寒さに弱く、沖縄では自生していますが、本州以北では冬には枯れてしまいます。
冬は室内へ、もしくは一年草と割り切る
霜が降りる前に室内に取り込み、日当たりのいい温かい場所で管理すれば冬越しも出来るのですが、種を収穫しておいて、春に捲けば簡単に翌年もオジギソウを楽しむことが出来ます。そのままにしておいても、こぼれ種で毎年、芽を出すこともあります。
まとめ
●夏は乾燥しないように水を。
●夏以外は適度に水やりを。夏以外は水をジャブジャブとやると寝腐れを起こすことがあります。
●冬は寒さで枯れてしまいます。室内で管理すれば、冬越しも可能ですが、一般的ではありません。
植え替えは苦手。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとあげます。土が乾いていないうちに水をやると、根腐れを起こして枯れます。
夏は乾燥に注意
夏は逆に水の蒸発が激しいので、乾燥しすぎないように水やりをしてください。日当たりがいい場所では毎日朝と夕方の二回水をやります。
肥料
植え付けた土や、苗についた土に肥料が入っていますし、オジギソウはあまり肥料を必要としませんので、適宜、生育期に液肥を月に二回ほどあげてください。肥料が多いと花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種子から
もしも昨年、種子を収穫していたら、種を5月に撒きます。オジギソウの種は20度以上(できれば25度以上)で発芽します。皮が厚いので60度のお湯につけてフヤカシテから、撒くと発芽しやすくなりますが、面倒なので、そこらへんに大量に捲いて芽が出たらラッキーという感覚でもOK。苗植えが楽です。。
植え替えは苦手
オジギソウは移植が苦手です。一旦植えたら基本的には植え替えはしません。どうしても植え替えしなくてはならないときは、土を払わずに根を傷つけないようにして移植します。
用土
土は水はけのよい土を好みます。市販されている土か、市販されている土に赤玉土を足して水はけをよくするか、赤玉土7腐葉土3を混ぜたもので植え付けします。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。

特徴・由来・伝承

ブラジル原産。江戸時代にはすでに日本に渡来していた。ブラジルでは多年草なので、年中、生えていますが、日本では冬の寒さで枯れてしまうので、一年草扱いです。

葉っぱに触れると葉っぱが閉じます。葉っぱが閉じるのは、水分の蒸発を防ぐためです。オジギソウを段ボールなどで覆って暗くすると、葉っぱを閉じます。オジギソウやネムノキが夜に葉が閉じるのは、光合成をしない夜に葉っぱを開いて無駄に水分が蒸発するのを防ぐためです。

ちなみに数秒で葉っぱが閉じたあとは、徐々に葉っぱが元に戻ります。面白いからと何度もやっていると、株が弱って枯れてしまいます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用