コレオプシスの育て方

MENU
TOP>キク科>コレオプシス
スポンサードリンク

コレオプシス(キンケイギク・オオキンケイギク・金鶏菊)

コレオプシス
科名キク科
学名Coreopsis
別名キンケイギク・オオキンケイギク・金鶏菊
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


コレオプシスは秋に種を撒いて、冬を越し、春から夏、秋に掛けて花を咲かせるキク科の植物です。
春に苗が出回るので、これを春に植えて、秋まで花を楽しみます。多年草タイプと一年草タイプがあります。一年草タイプは花が終わると枯れてしまいます。多年草タイプは花が終わっても枯れずに残ります。

種が落ちて毎年咲くこともあります。よく道沿いに咲いています。

水やりと肥料

コレオプシスはどちらかというと乾燥を好み、多湿を嫌い、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が乾くまでは水をやり過ぎないようにしましょう。とはいっても、極端な乾燥にあうと枯れてしまいます。特に鉢植えの真夏の蒸発の激しい時期は朝と夕方の二回、しっかりと水をやらなくてはいけません。

肥料が切れると花が咲かなくなりますので、春から秋に掛けては肥料が切れないように液肥を毎月二回か三回はやってください。ただし、肥料のやりすぎでも花が咲かなくなりますので、様子を見て肥料の頻度を調節して下さい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土質は選びません。市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは水はけのよい土を好むので、市販されている土に赤玉土を混ぜて水はけを良くしてから植え付けを行います。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。風通しの良く、水はけのよい場所を好みますが、あまり気にしなくても茂ります。コレオプシスは寒さに強い植物で、寒冷地でなければ防寒する必要はありませんが、寒冷地だと冬に落葉します。

特徴・由来・伝承

コレオプシスには多年草タイプと一年草タイプがありますが、、事実上どちらも一年草として扱うことが多いです。
コレオプシスの仲間の中でもオオキンケイギクは特定外来生物に指定されていて、日本の生態系を破壊するかもしれない、非常に頑健な植物です。
市販されているコレオプシスはオオキンケイギクではないので、大丈夫ですが、頑健であることに変わりありませんので、非常に育てやすい植物です。

岐阜では以前「オオキンケイギク祭り」が毎年開催されていたそうです。当然現在は、特定外来植物なので、取りやめになったようです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

コレオプシスの関連記事

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用