ペンステモンの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>ペンステモン
スポンサードリンク

ペンステモン(ツリガネヤナギ)

ペンステモン
科名ゴマノハグサ科
学名Penstemon
別名ツリガネヤナギ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


画像はペンステモン・シャルホーゼン。シャルホーゼンはペンステモンの中では比較的高温に強いですが、それでも夏の多湿には弱く、暖地では夏に枯れてしまいます。とはいっても、最近流通している園芸品種は蒸れに強く、環境がよければ夏越しも可能です。
●寒冷地以外では、秋に種子を撒いて初夏まで楽しみ、夏に枯れる「秋撒き一年草」扱いが多いです。
●ペンステモンは冬も常緑で、冬の花壇のグリーンとして種子を撒く人が多いです。

寒さに強いが、暑さにめっぽう弱い
ペンステモンの開花時期は初夏~秋で、そのうち真夏は蒸れで枯れる危険があります。ということは夏越し出来ない地域なら植えないのが吉。暖地は駄目。中間地でも山間部ならいけます。寒冷地の夏に適してきます。
●冬の耐寒性に関しては札幌でも越冬可能なので、寒さに関しては気にしないでいいです。
●冬の寒さに当てないと春に花が咲きづらくなります。

夏越しのコツ
●風通しが良く
●真夏に明るい日陰へ
水はけが良い土
●冷涼な気候

花ガラを摘む
しぼんだ花をそのままにしておくと、カビが生えて病気の元になりますので、花がしぼんだらすぐに茎ごと切ってしまうか、早めに切花として楽しむために切ってしまいます。
●花をそのままにしていると、種子を作ろうとしてエネルギーを注いで、株が弱ったり、次の花が咲きづらくなります。かならず花ガラを摘みましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとあります。土が乾くまでは水をやらないください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。
●ペンステモンは乾燥に強く、過湿に弱いです。水のやりすぎに注意してください。
●乾燥ぎみに管理すると夏越しもしやすいです。

肥料
植え付け時に入れた元肥があれば、しばらくは大丈夫ですがそれだけでは不足します。生育期は一週間に一回程度液肥を追加するか、一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。肥料が切れると花が少なくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き



水はけの良い土で植え付けします。市販の土(=花と野菜の培養土など)では水はけが悪いので赤玉土を混ぜるか、赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜた土で植え付けをします。苗の植え付けは春です。
●水はけのよい土だと夏越ししやすくなります。レイズドベッドなども検討を。
●株は15cmか20cmは離します。密生すると蒸れて枯れてしまいます。夏対策にもなります。
●土を半分ほど崩してから植えると生育がよくなります。

植え替え時期
鉢植えで根がいっぱいになった場合は、9月から10月に植え替えを行います。植え替え時に株分けもできます。夏に蒸れる原因となるので密生しないように株分けして、密度を減らしましょう。
●植え替えるときは土を崩して根を広げて植えます。

種から育てる
寒冷地では春に撒いて、そのまま宿根。寒冷地以外では秋に種子を撒いて夏に枯れる秋撒き一年草扱いが多いです。

種子は発芽率が低い。土を被せないで乾燥させないようにします。発芽の温度は18度。寒くなると発芽しないので注意です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりと夏越し
日当たりを好みますので、春は日当たりへ。多湿に弱いので、梅雨の時期は軒下に移動させます。真夏は風通しの良い半日陰か明るい日陰へと移動させます。
西日が苦手。西日は高温で株に負担を掛けます。ペンステモンが枯れるので西日は避けましょう。
●寒冷地以外では、真夏は半日陰が好ましいです。
●乾燥気味に管理すると高温でも夏越ししやすいです。ただ日本の夏はとにかく湿気が多い。

寒冷地向き
東北や北海道では手間が掛からず、夏越しも何の問題も無く出来ます。札幌でも冬に枯れません。他の地域では無理に植えるような植物ではないです。

その他

アブラムシが発生します。オルトランを前もって使用していると良いです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

日本ではあまり流通していませんが、ヨーロッパではガーデニング材としても、切花としても人気のある花です。日本では、夏の蒸し暑さに弱く、枯れてしまうために、一年草扱いになります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ペンステモンの日記

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用