ホタルブクロの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>ホタルブクロ
スポンサードリンク

ホタルブクロ

ホタルブクロ
科名キキョウ科
属名ホタルブクロ属
学名Campanula
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ホフクして、ヨコへヨコへと広がっていきます。大きく育ちます。
花には種が出来、地下茎も株を増やすので、翌年も増えやすい植物です。環境が合えば、手間もかからず毎年咲いてくれます。
庭植え推奨。
地上部が大きく、かつ急激に育つために鉢の保水力ではつりあわないようになり、水が下がりやすい。

水やりと肥料

ホテルブクロは水はけのよい土を好み、比較的乾燥した場所で育ちます。庭植えした場合は、植え付け直後二週間はしっかりと水をやりますが、あとは雨が降らずひどく乾燥するようであれば水をやる程度で基本的に放置で大丈夫です。

鉢植えの場合は、3月~10月の生育する時期は毎日水をやり、冬の間は土が乾燥していたら、水をやります。ホテルブクロは冬は地上部が枯れていますし、成長していませんので、水はあまり必要ありませんので、乾燥気味に管理します(といっても鉢植えの場合はたまに水をやらないといけません)。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土が好ましく、赤玉土鹿沼土腐葉土2を混ぜたものか、市販されている「花と野菜の土」に鹿沼土を混ぜたもので植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日当たりが良くないと花つきが悪くなり、うまく育ちません。自生場所も日当たりが多いです。

ホタルブクロは真夏の直射日光・暑さに弱いので、庭植えする場合は最初から半日陰・木陰などに植え付けします。鉢植えの場合は、春~初夏は日当たりで管理して、真夏は半日陰に移動させ、秋にはまた日当たりに移動させます。

特徴・由来・伝承

よく園芸店で見かけるカンパニュラ・ベルフラワーと同じ属の植物。ただし、ホタルブクロは日本に自生している植物で、カンパニュラは地中海原産の植物。カンパニュラが夏の暑さに枯れてしまう実質的一年草扱いであるのに対して、ホタルブクロも夏の暑さに弱いものの、地上部が枯れても翌年の春には芽を出す多年草

全体にこまかい毛が生えています。背丈が80センチと大きく育つので、ある程度大きくなったら、摘芯して背丈を抑制するのがおすすめ。

ちょうちんのような釣鐘のような形の大きな花を咲かせる。花は下向きに咲きます。
名前の由来は「子供が昔、蛍を入れて遊んだ」とか「提灯(チョウチン)の古い名『火垂る袋』から」とか諸説あります。また花の形がホタルの背中に似ているという話も。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用