グレコマの育て方

MENU
TOP>シソ科>グレコマ
スポンサードリンク

グレコマ(グラウンドアイビー・セイヨウカキドオシ・フイリカキドオシ)

グレコマ
科名シソ科
属名カキドオシ属
学名Glechoma hederacea
別名グラウンドアイビー・セイヨウカキドオシ・フイリカキドオシ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夏の直射日光には弱いのですが、頑健で繁殖力があるので、明るい日陰であれば、グレコマを植えられます。鉢植えより庭植えに向いています。寒さにも耐性があり、マイナス10度まで耐えられます。耐えられるといっても、霜が下りる地域では地上部は枯れてしまいます。春になったら芽が出ます。
暖地では霜に当たらない場所であれば冬も緑の葉を生やしたままで越冬可能です。

水やりと肥料

グレコマを庭植えした場合は、植えつけた直後二週間ほどはしっかりと水をやりますが、その後は日照りでもない限りは降雨だけでも十分です。といっても、グレコマは水切れに弱いので、葉っぱが元気が無いようであれば、水をやって下さい。

鉢植えの場合、土が乾いているようであればしっかりと水をやりましょう。

冬は成長しませんので乾燥気味に管理します。土の状態をよくみて水をやってください。水をやりすぎると腐って枯れることもあります。

肥料はさほど必要ありません。生育している時期に薄い液肥をあげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けはホームセンターなどで市販されている「観葉植物の土」で植え付けします。もしくは赤玉土6腐葉土3ピートモス1を混ぜた土で植え付けをします。「花と野菜の土」でも生育には問題ありません。

暖地だと植え付け時期は春だけでなく秋も適期です。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、真夏の直射日光に弱いことと、明るい日陰でも育つほどに耐陰性があることを考えると、日当たりではなく、明るい日陰や半日陰の空いたスペースに植えることが多いです。

その他

グレコマがどんどん生育してくると、根本付近の葉っぱが蒸れて枯れることがあります。すると、株の中心部分がハゲた状態になり、みっともないので、切り戻しをして、脇芽が出るようにしてあげましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

小さな若々しい色合いの葉っぱを生やす、ホフク性の植物。背が高くならず、ランナーと呼ばれる茎を伸ばして広がっていくので、グランドカバーに向いています。

ハーブや薬草としても栽培され、ホップが使われるようになった16世紀まではビールの材料として使われていました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用