アメリカンブルーの育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>アメリカンブルー

アメリカンブルー(エボルブルス)

アメリカンブルー
科名ヒルガオ科
学名Evolvulus L.
別名エボルブルス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ツルの先を切ると脇芽が
つるが30センチ以上になったら摘芯をします。摘芯は、伸びた芽の先を切り戻して、脇芽が出すことです。結果大きな株になります。
●というか摘芯しないと花つきが悪いです。

越冬も出来ます
耐寒温度は5度なので越冬も出来ますが、苗がそれほど高くないので、一年草扱いです。頑健で初心者向きの植物です。春に植えて秋まで咲きます。夏はあまりの暑さに花が休みます。
思ったより花が咲かない?
「ネットで見たほど咲かないなぁ」「ラベルの写真みたいに咲かないなぁ」と思いませんでしたか? アメリカンブルーを沢山咲かせるためには摘芯・切り戻しをして脇芽を出さないと、あんな風に花が咲かずに、ちょぼちょぼっと咲くだけで、つるがバサバサと伸び放題になります。
まとめ
●育てやすい。一年草扱い。
●摘芯しないと花はたくさん咲かない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

過湿に注意
生育中は土が乾いたら水をタップリとやってください。鉢植えの場合は鉢の底から水が流れるくらいにやってください。ただ、過湿には弱いので、真夏以外は土が濡れているときは水やりはしないでください。
●梅雨前に一旦切り戻しをすると過湿を防げ、脇芽が出て夏を越えると花がパっと咲きます。
●真夏は水切れに注意。
●真夏にどうしても水切れするならば、半日陰に移動させましょう。

開花中に液肥を
非常に長期間、開花するので、10日に1回は液体肥料を与えてください。肥料が少ないと花が少なくなります。肥料がなくても枯れませんが、花のつきと花の色の濃さが違います。

植え付け・植えかえ・種蒔き


市販の土で植え付けをします。自作するならば赤玉土腐葉土4を混ぜた物を使います。
越冬後の春に植え替え
越冬させると鉢が窮屈になってきます。鉢底から根が出ていたら春に植え替えをします。植え替え時期は春から秋にかけてならば問題ありませんが、生育する春から秋に向けて3月か4月に植え替えておくといいです。

鉢から取り出し、古い土を払い、腐って黒ずんだ根を切って捨てます。一回り大きな鉢に入れて、新しい土を流し込んで固定。水をやって、余計な土を流して完了です。
●普通は一年草として扱います。

管理場所・日当たり

日当たりで管理
春~夏に掛けては日当たりのいい場所で管理してください。直射日光にも負けない強い植物です。日当たりが悪いと花付が悪くなり、茎がひょろひょろになります。

アメリカンブルーの越冬
霜に当たると枯れてしまいますので、冬は5度以下にならない、日当たりのいい場所に移動させます。寒冷地では室内(関東は室内で越冬)。暖地であれば軒下で越冬します。室内で越冬させると年々モサモサに育ちます。室内で管理しても寒さに当たって葉っぱが全て落ちることもありますが、春になると芽が出るかもしれませんので処分しないで春まで管理しましょう。
●秋に枝を何本か水に挿して発根させて冬越しさせることもできます。

その他


ハダニが発生します。ハダニは葉っぱに水を掛けることで予防ができますので、時々はうえから水をバシャーっと掛けて上げて下さい。
ツルの先に花がつくので
ツルの先にしか花がつきませんので、摘芯・切り戻しをして脇芽を出してやらないと、花が少なくなりますし、つるがわさわさと伸びるだけで、こんもりとかわいくなりません。
切り戻しを
花がひと段落ついて、ツボミが見当たらなくなったら、全体を三分の一ほど切り戻しをします。開花時期は何度も切り戻しをします。

特徴・由来・伝承

アメリカンブルーという名前は、輸入業者が、アメリカの青い花という程度の安易なネーミングで、最近は「エボルブルス」という種の名前を使うことも多くなっています。略して「アメブ」。
●2000年以前は結構高価な苗でしたが、今では一つ100円を切るものも多いです。
●ブルーコーラルという品種は花つきがよく、徒長(ヒョロっと伸びること)しないので人気があります。少々高くてもコチラがおすすめ。
●一般的に流通しているのは「ブルーデイズ」
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用