オシロイバナの育て方

MENU
TOP>オシロイバナ科>オシロイバナ
スポンサードリンク

オシロイバナ

オシロイバナ
科名オシロイバナ科
学名Mirabilis jalapa
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


寒さに弱い為に冬になると枯れてしまいますが、根で越冬し、春にはまた芽吹きます。関東でも根で越冬しているようで、ほぼ野生化しています。

草丈が1メートルほどになります。
種が非常に大きいです。この種でも発芽して茂りますので、広がり過ぎないようにすることも必要です。

種類によっては、一株から複数の色の花が咲くらしいですが、見たことがないです。一株から複数の色の花が咲くことから「ペルーの驚異」と呼ばれることも。一株から複数の花が咲くのは、成長途中で突然変異を起こすため。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。
オシロイバナは比較的乾燥に強く、水はけのよい土を好みますので、絶えず湿っているような土の状態だと、根が腐って枯れてしまったり、成長が著しく遅くなります。
土が乾かないうちに水をやらないようにしましょう。

肥料はあまり必要ありません。市販されている土で植えつけた場合は、土に最初から肥料が入っていますので、それで十分です。
もしくは生育期に液肥を一ヶ月に二回程度やります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

オシロイバナは直根性という、太い根が一本伸びる植物です。この根を傷つけてしまうと、花は傷んでしまいます。ポットで苗を購入した場合は、早めに植えてください。また植えつけるときに根を傷つけないようにそっと植えてください。

土は赤玉土腐葉土3の水はけのよいものか、市販の土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます。
スポンサードリンク

その他

根はイモのように膨らみます。根には毒がありますので、食べないように気をつけてください。

特徴・由来・伝承

花が夕方から開花するために、オシロイバナという名前以外にも「ユウゲショウ(夕化粧)」という名前も。ただしアカバナ科マツヨイグサ属の植物に同じ名前のものがあるためにややこしい。

花は夕方から開花し、朝にはしぼむ。ただし秋以降は昼でも花が咲いているようになる。香りがあります。

ブーゲンビリアと同じオシロイバナ科。黄色や濃いピンクなど多種の花がありますが、花に見える部分は花びらではなくガク。花には長い花筒があり、そこに蜜が入っています。その蜜を吸うには、口の長い蝶や蛾でないと吸えません。日本ではスズメガが受粉を行っています。

花が終わると果実が出来ます。果実には種子が一つ入っていて、その種子が白い粉状の胚乳がついていて、これが白粉(オシロイ)のようであることから、オシロイバナという名前が付いています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

オシロイバナ科の仲間


オシロイバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用