ニンジンボクの育て方

MENU
TOP>シソ科>ニンジンボク
スポンサードリンク

ニンジンボク

ニンジンボク
科名シソ科
学名Vitex agnus-castus
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


宿根の木で、秋は紅葉、冬は落葉、春に芽吹いて夏に花を咲かせます。非常に頑健で、マイナス5度の寒さにも耐え、直射日光・暑さにも強いです。育てていると二メートルほどまで大きくなり、最大で8メートルまでになる種類も。

水やりと肥料


乾燥気味の状態を好み、庭植えにした場合は、真夏に日照りでもない限りは降雨だけで十分です。逆に加湿に弱いので、鉢植えにする場合は水をやり過ぎないように気をつけないといけません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けの土は水はけの良いものが好ましいですが、市販されている土に赤玉土や川砂を混ぜるか、赤玉土5腐葉土3川砂2を混ぜて植え付けをします。

植え付け時期は落葉している2月、3月が適していますが、開花時期でなければいつ植えつけても、頑健なので、枯れるわけではありません。

ニンジンボクは「庭植え向き」です。植えるとすぐに成長し、大きくなります。大きな庭を持っているのであればオススメの植物です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが半日陰でも大丈夫なので、どちらでも構いません。あまりに日陰だと花は減ってしまいます。

剪定は

剪定は落葉している時期、最適期は2月か3月です。

ニンジンボクは4月以降に生えてくる新しい枝に花が咲きますので、古い枝は、都合によって根本から切り落としてしまっても、「剪定が悪くて花が付かなかった」ということはありません。

花が咲いた枝を根本から切ります。自然な樹形を楽しむのであれば剪定は行わなくても構いませんが、昨年、花の咲いた枝をバッサリと切って短い枝を残すと、年々花つきが良くなります。

特徴・由来・伝承

真夏の7月から9月に掛けて花を咲かせます。直射日光にも強く、乾燥にも強いので夏の庭に涼しげな紫の花を咲かせるガーデナーさんが増えています。ニンジンボクには香りがあり、その香りも人気です。

マイナス5度にまで耐えるので、寒冷地でなければ越冬は簡単。霜に当たっただけでは枯れません。

白と紫のほかにピンクのニンジンボクもありますが、白と紫のほうが鮮やかで人気があります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用