フルーツセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>フルーツセージ

フルーツセージ

nophoto
科名シソ科
属名サルビア属
学名Salvia dorisiana
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

葉っぱに触れるだけで甘いフルーツの香りがします。花が咲きますが、植える人の目当てはほとんど香り。葉っぱに触れるだけで甘い香りがします。特に冬が近づくと香りが強くなります。

低木に育ちますが、冬の寒さに弱く、戸外に放置しておくと枯れてしまいます。

そこで冬は室内の窓辺に、春以降は戸外の日当たりで管理します。春に苗を植えて冬には枯れる…そんな風に一年草扱いで植えればいいのですが、春には花が無いのか流通量が少なく、欲しいときにホームセンターなどで見かけることは少ないです。

夏の間に葉っぱ・茎で挿し木をして増やしておいて、それを越冬させ、春以降に戸外に出して、ということをしている人も居ますが、現実的には鉢植えにして春から夏は戸外、冬は室内、というサイクルで育てます。
まとめ
●冬の寒さに弱いので、冬は室内の日当たりで管理する。
●春になったら戸外に出して、日に当てるとスクスク育つ。
●梅雨・夏の高温多湿に多少弱い。
水やりは乾燥気味。
●葉っぱを挿しても、株を分けても、株を増やすのは簡単。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強いので水は控えめにします。
鉢植えで管理する場合は、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。

肥料は必要ありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性土壌を嫌うので、植えつけるときは新しい土で植えるか、苦土石灰を混ぜて中和させてから植え付けをします。鉢植えの場合は、市販されている花と野菜の土か、ハーブ用の土を使って植えてください。

挿し木しても簡単に増えます。挿し木専用土でなくても十分挿し木が出来ます。

春に苗が出ていたらそれを庭植えして霜が降りるまで楽しむという一年草扱いも出来ます。来年も楽しみたい場合は、夏の間に挿し木をしておいて、室内で管理して越冬させます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますので、日光の当たる場所で管理します。
●フルーツセージは日当たりを好みますが、真夏の「高温多湿」に弱く、梅雨から夏にかけては風通しの良いところが好ましい。

冬の管理場所
冬は室内で管理します。冬でもできるだけ日光に当ててください。
●フルーツセージの耐寒温度は5度とする場合もありますが、5度から暖地であれば越冬する程度。本当か?
●霜に当たれば一発で枯れるのは間違いない。

特徴・由来・伝承

一口にセージといって、多種あり、その中でも果物の香りがするためにフルーツセージと呼ばれています。セージはサルビアの仲間…というよりはサルビアとセージは同じもので、特に観賞用とされるものをサルビアと呼んでいますが、境界はそれほどハッキリとはしていません。セージと呼ばれる中にはエルサレムセージやロシアンセージのようにサルビア属ではないものも居ます。

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用