レモンタイムの育て方

MENU
TOP>シソ科>レモンタイム
スポンサードリンク

レモンタイム(ゴールデンタイム )

レモンタイム
科名シソ科
学名Thymus X citriodorus
別名ゴールデンタイム
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

シソ科の多年草で寒さにも強い。霜に当たると、地上部が枯れてしまいますが春になれば芽を出します。

反面蒸れに弱い
レモンタイムは蒸れに弱いので、梅雨前に収穫をかねて三分の一くらい、刈り込んでしまいます。梅雨前に刈り込まないでいると蒸れて、それはもう汚く茶色く変色してしまいます。

水やりと肥料

乾燥気味の状態を好みます。土が乾燥しているようであれば水をやります。庭植えした場合は植え付け直後一ヶ月ほどはしっかりと水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。

夏は蒸れて枯れてしまいやすいので、水を控えますが、温暖化の影響もあってあまりに水を控えると当然乾燥で枯れてしまいます。バッサリと切り戻して蒸れ対策をしてから、水をやるのが良いです。鉢植えならば真夏は半日陰に移動させます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性を嫌います
酸性の土を嫌います。日本の土は放置しておくと自然と弱酸性になりますので、庭植えする場合は植える二週間前に苦土石灰を混ぜ込んで中和させます。苦土石灰は土を中和するのに時間が掛かります。

市販の土は中和されていますので問題ありません。

用土ハーブ培養土
用土はこれといって選びません。大抵は市販の土で植え付けをします。ハーブ用の土が販売してありますから、これを利用しましょう。プランターなどの鉢植えでも庭植えでもかまいません。

鉢植えにした場合は二年に一回か毎年か、春に植え替えをします。レモンタイムは根の張りが早いです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりでも日陰でも育ちます。非常に頑健です。ただし蒸れに弱いので、夏の蒸れ対策に風通しのいい場所を優先します。鉢植えならば半日陰に移動させます。日光が当たって熱くなるコンクリートの上などは絶対に避けます。

特徴・由来・伝承

コモンタイムの仲間。葉っぱに斑が入っています。葉っぱに触れるとレモンのような香りがします。コモンタイムよりもさわやかな香りがします。

庭で育てて真冬以外はいつでも収穫し料理に使うことが出来ます。コモンタイムは香りが強くピザなどに使います。レモンタイムはお茶やデザートの香り付けにむいています。ただし、妊娠中は摂取しないでください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用