スイバの育て方

MENU
TOP>タデ科>スイバ
スポンサードリンク

スイバ(酸い葉)

スイバ
科名タデ科
属名スイバ属
学名Rumex acetosa
別名酸い葉
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

雌雄異株で、オスとメスの株があります。秋に種子が発芽、ロゼット状で越冬して、春に一気に株を広げます。私が住んでいる地域(広島)では邪魔なくらいにいますが、都市部ではあまり見かけないという人もいます。これが気温や環境のためか、雌雄異株が理由なのか?は解りません。

その他

春に出る新芽を食べます。湯がいて水にさらしてから食べます。おひたしや和え物(胡麻和え)にします。しかしそれほど美味しいものではありません。

特徴・由来・伝承


スイバはタデ科の多年草。食べると酸っぱいことから「酸い葉」から「スイバ」と呼ばれます。雑草で、日本中の道端にいくらでも見られます。
この「酸味」はシュウ酸で、山菜として食べられるのですが、沢山食べると中毒を起こします。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

タデ科の仲間


タデ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用