ポリシャスの育て方

MENU
TOP>ウコギ科>ポリシャス

ポリシャス(タイワンモミジ)

nophoto
科名ウコギ科
学名Polyscias
別名タイワンモミジ
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春から秋に掛けては、半日陰などのそこそこ日が当たる場所で管理して、水をやっていれば問題なく育つのですが、冬の寒さに弱く(出来れば10度以上)、春から秋に掛けて水を欲しがるのに対して、冬に水をやりすぎると根腐れしてしまう……このギャップで、枯らしてしまいがちです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

多湿を好み、水あきれると途端にしおれてしまいます。特に春から夏・秋までの生育期には水を必要とし、土から吸い上げる力も強いので、水やりは底から染み出す位に、しっかりと行って下さい。受け皿に溜まった水は必ず捨てて下さい。

冬になると、成長が鈍くなり、水はあまり必要ありません。冬に水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土が乾いてから数日立って水をやる程度に控えて下さい。冬は室内で管理しなくてはいけません。室内は暖房が効いているために、葉っぱが乾燥気味になります。空気が乾燥するのであれば、葉っぱに霧吹きで水をやってください。

春~夏に掛けての生育期に液体肥料を一週間に一回程度やってください。比較的肥料を必要とする観葉植物です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

販売している観葉植物の土か、赤玉土腐葉土2川砂2を混ぜたもので植え付けをします。

生育が旺盛で、根詰まりをしてしまいますので、出来れば毎年植え替えをします。根詰まりをすると、水をやってもやっても水切れを起こし始めます。これは土の隙間に根が入り込んで保水力がなくなっているためです。

管理場所・日当たり

日光を好む植物ですが、真夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けて変色してしまうことや、耐陰性があり日陰や半日陰でも育つことから、最初から日陰や半日陰で管理することが多い植物です。

といっても、日光に当たらないでいると徐々に株が弱り、葉っぱの色艶が悪くなりますので、室内で管理する場合でも、ときどきは戸外の明るい場所で管理してください。その際、日ごろ日陰で管理していると日光に慣れていないために急に日光に当たると葉っぱが傷んでしまいます。戸外の日陰に一週間、戸外の半日陰に一週間、日当たりへ移動するといったように徐々に慣らしてやってください。

<春>戸外の半日陰か日当たりか日陰、もしくは室内
<夏>戸外の半日陰か日陰、もしくは室内
<秋>戸外の半日陰か日当たりか日陰、もしくは室内
<冬>室内の10度以下にならないところ

ポリシャスは寒さに弱く、寒さに慣れれば7度まで耐えますが、基本的に10度以下になると枯れてしまいます。10度以上ということは人が生活する場所です。リビングなどで管理しますが、暖房器具の風が当たらないようにして下さい。乾燥で痛んでしまいます。

もしも寒さで葉っぱが落ちてしまっても枯死しているとは限らず、気温を保っていると春になって新芽が出てきますので、諦めずに管理して下さい。

その他

夏にハダニが発生することがあります。ハダニは葉水を掛けることで予防できます。

特徴・由来・伝承

斑入りの種類や緑葉の種類やさまざまな品種が出回り始めています。

本来は数メートルに成長する観葉植物。日当たりでも本来は育ちますので、自生地である東南アジア・ポリネシアでは生垣に使われます。

寒さに弱いので日本では冬は室内で管理する必要があり、あまり大きな鉢で管理するよりも中くらいの大きさか、テーブルに飾るくらいの小鉢やハイロドカルチャーにすることが多いです。挿し木で簡単に増えます。

香りがある種類があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ウコギ科の仲間


ウコギ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用