プリンセチアの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>プリンセチア
スポンサードリンク

プリンセチア

プリンセチア
科名トウダイグサ科
属名トウダイグサ属
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


寒さに弱い
管理場所が悪いとすぐにしぼんでしまい、復帰しないことも。冬に流通しているので、寒さに強いイメージがしますが、熱帯出身で霜に当たると痛んで枯れます。
来年の開花には期待しない
プリンセチアを冬や春に楽しむだけなら簡単ですが、翌年も花を「綺麗」に咲かせるのは骨が折れます。枯らさないのは簡単です。プリンセチアは暑さで枯れるということはありません。来年咲かせるには短日処理が必要です。
まとめ
●育て方はポインセチアと同じ。
●寒さには強くない。霜にあたれば枯れる。
●葉っぱに傷がつきやすい。モノが当たらない場所で。
水やりは普通。日当たりを好む。
●来年咲かせるのは非常に大変。
●今年楽しむ、というスタンスが精神的には健康。

水やりと肥料

土が乾いたら……
土が乾いていたら水をやってください。濡れているうちは水はやらないでください。受け皿の水は捨ててください。
●プリンセチアは水を好みます。冬は気温が低く蒸発量が少ない為に、水やりは土が乾いていたらたっぷりと水をやるくらいです。
●春以降も土が乾いたら水をしっかりとやってください。店頭で購入したり、ギフトで貰った鉢は地上部に対して小さく作られていますので、そのままにしておくと、非常に水切れしやすくなります。

スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
観葉植物用の土で植え替えをするか、赤玉土6腐葉土3パーライト1かを混ぜた土で植え付けをします。植え替えするとき鉢から抜いた根から三分の一ほど土をほぐしてから植え付けします。こうした方が根が付きやすくなります。
●腐葉土が臭いので観葉植物の土が匂いが無くて良いです。
●毎年植え替えをします。
●店頭で売られているプリンセチアは株に対して小さい鉢に植えています。これはいじめたほうが花が咲きやすいということと、デザインのためです。このままにしておくと、根詰まりして水切れしやすくなりますので、出来れば植え替えをします。
●植え替え時期は春が最適ですが、根が詰まっているようであれば、真冬以外は大丈夫です。

管理場所・日当たり

室内の日当たりで管理
出来れば日当たりで管理します。できれば10度以上の室内がこのましいですが、5度以下にならなければ戸外でも越冬可能です。鹿児島あたりではポインセチア(プリンセチアではないですが)が露地に自生して毎年咲いています。
●春以降も同様に日当たりで管理します。ただし真夏の直射日光には傷んでしまうので、真夏は半日蔭か明るい日陰で管理します。
●秋まで戸外で管理している場合、霜が降りる前に取り入れてください。
●プリンセチアは夜の時間が13時間以上の日が90日続くと花芽がつきます。戸外で霜が降りる直前まで管理していれば、(地域にもよりますが)条件は満たされます。ただし街頭の明かりなどが当たっても昼と認識するので注意してください。

暖房の風に注意!
室内で管理する場合、クーラーや暖房の風に当たらないようにしてください。冷暖房の風は乾燥していて、プリンセチアはすぐにカリカリになります。
ものに当たったり、こすれたりして変色…
プリンセチアにスカートの裾が当たったり、物が当たっただけで、傷ができ、葉っぱに白い樹液がプチプチと出てきます。こうなると、その部分から先は黒く変色して枯れてしまいます。プリンセチアは意外と繊細。人が通る場所や、モノが当たる場所には置かないようにしましょう。
スポンサードリンク

矮化剤について


ポインセチアって実は樹木です。私たちが知るポインセチアは背が低くて草木のようですが、本来は大きいのです。ポインセチアが小さいのは、矮化剤で小さくしているからです。そのためポインセチアを育てていると徐々に大きく育ってきます。
それでプリンセチアは…
矮化剤を使って花が小さいのか、背が低いのか?ということですが、ハッキリとは解りません。たぶん矮化剤を使っていると思います。育てていくと花まで大きくなってくるかまではちょっと不明。

プリンセチアを色づかせるのは大変!
プリンセチアは短日植物といって日照時間が短くなると花芽をつけるのですが、蛍光灯の明かりを浴びても「昼」と認識して、花芽をつけないのです。そこでダンボールで夕方五時からあさの7時まで光を遮断する作業を最低90日続けます。しかも一日でも忘れるとダメという厳しさ。

まーーーー面倒。

でも咲かせる人は何もしなくても毎年咲かせるんですよ。夜はちゃんと暗くなる場所で管理していれば咲きます。ようは環境次第で短日処理する必要はないのですね。ただ短日処理しないと「綺麗」なピンクにはなりません。
参考短日処理は以下のページを参考に。
ポインセチアを赤くする!短日処理のやり方

特徴・由来・伝承


プリンセスとポインセチアを混ぜたネーミングのポインセチアの園芸品種。通常のポインセチアよりも、花びらが小さく鮮やか。育て方はポインセチアと同じですので、ポインセチアを育てられるのであれば、問題なく育てられます。

茎や葉っぱが折れると、そこから白い乳液状の樹液が出てきて、そこが痛んでしまいます。葉っぱが何かにこすれても、乳液が滲んできますので、人やものが触れないような場所で管理します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

プリンセチアの日記

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用