モクビャッコウの育て方

MENU
TOP>キク科>モクビャッコウ
スポンサードリンク

モクビャッコウ

モクビャッコウ
科名キク科
属名アルテミシア属
学名Crossostephium chinense
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋~春に掛けて小さな花を咲かせますが、花には一般的な花びらが無く、観賞価値がなく、臭い。銀色に輝くような葉っぱを鑑賞するガーデニング材です。

春から夏に掛けて新芽を出し、その芽が秋以降におり強く銀色になっていきます。カラーリーフというと夏の高温多湿と直射日光に弱いことが多いですが、モクビャッコウは夏の炎天下も問題なく育ちます。むしろ夏に日が当たらなかった部分が枯れていきます。

下葉から枯れて落ちていきます。

水やりと肥料

乾燥に強い植物で、庭植えした場合は真夏の日照りで無い限りは降雨だけで十分育ちます。手間が掛かりませんので庭植えが推奨です。

鉢植えにした場合は、春から秋は土が乾いていたら水をやってください。冬は土が乾いてから数日たって水をやります。モクビャッコウは乾燥気味の状態を好み、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。年間を通して水のやりすぎに気をつけてください。

春から初夏に掛けて、一ヶ月に一回程度、液肥をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土腐葉土3川砂1を混ぜた土を使います。水はけが良い土を好みます。

挿し木すればいくらでも増えます。

管理場所・日当たり

夏の暑さには強いです。炎天下でも問題ありません。ですが、冬は霜に当たると葉っぱが傷んでしまいます。霜が降りる地域では軒下に移動させるか、霜よけをします。

特徴・由来・伝承

流通している園芸種とは別ものですが、レッドデータブックに載る植物で、絶滅危惧種。隆起したサンゴ礁の上や海岸が自生地。岩場に群生します。

モクビャッコウが数を減らしている原因は海岸線の開発と、園芸用の採取のため。挿し木で幾らでも増えるのだから、それほど採取する必要は無いと思うのですが、採っちゃうんですね。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用