テイカカズラの育て方

MENU
TOP>キョウチクトウ科>テイカカズラ
スポンサードリンク

テイカカズラ(定家葛)

テイカカズラ
科名キョウチクトウ科
学名Trachelospermum asiaticum
別名定家葛
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

スクリューのような不思議な花を咲かせます。花を観賞する植物というよりは葉っぱを鑑賞するカラーリーフですが、大きな株に花が咲くと圧巻。ハツユキカズラはこのテイカカズラの園芸品種です。

テイカカズラは日本に自生するつる性低木です。岩肌や木に絡みついて成長し、庭で育てているうちは幹は細いのですが、自生では幹が数センチほどに太くなります。

水やりと肥料

山の沢の岩肌に自生することが多いです。テイカカズラは空気中の湿度が高い状態を好み、乾燥しすぎると葉っぱが落ちてしまいます。

土が乾いていたら水をしっかりとやる、という通常の水やりですが、葉っぱにバシャバシャと水を掛けてあげてください。これで葉っぱの乾燥を防ぎます。少し水持ちの良い土に植えると、水切れを防ぐことが出来ますが、あまりに土が濡れている状態が続くと根が腐って枯れてしまいます。基本はやっぱり土が乾いていたら水を、です。

夏は乾燥しやすいので水切れしないように朝と夕方の二回、場合によっては三回、しっかりと水をやってください。

冬は成長も鈍くなりますので、水を控えます。

肥料は生育期に発育が悪いようであれば、液肥を上げます。あげなかったからといって枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けします。
植え付ける時に、枝をさばいてやると根付きやすくなります。テイカカズラは地上部に比べて根が少ない傾向があり、地上部をそのままに植え付けすると、葉っぱや枝に水分を取られて根付く前に、根が成長不良を起こして根づきにくくなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

植える場所は日当たりよりも、半日陰が向いています。沢の岩肌や、樹に絡みついて生活していますので、直射日光をバンバン浴びるというよりも、木陰といった場所が向いています。

本来は日当たりを好みますが、夏の直射日光を浴びると、葉っぱが焼けて茶色くなります。半日陰でも育つので最初から半日陰で管理するか、夏だけ半日陰に移動させます。

特徴・由来・伝承


ハツユキカズラやゴシキガズラはこのテイカカズラの園芸品種。名前の由来は、式子内親王(しきし【しょくし・のりこ】ないしんのう・1149年-1201年)の死を悲しんだ藤原定家(ふじわらのさだいえ1162年-1241年)が、テイカカズラ(定家葛)に生まれ変わり式子内親王の墓に絡みついたという物語から。これは能の「定家」でも語られています。

藤原定家は古今和歌集を編纂し、小倉百人一首でも有名な歌人。

ところで式子内親王と定家が本当に秘めた恋に落ちていたか?というのは実はハッキリとはしていません。よく考えると定家は13歳下ですし。しかし否定する証拠もありません。

古典に出る「マサキノカズラ」はテイカカズラともツルマサキとも言われています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

テイカカズラの日記

キョウチクトウ科の仲間


キョウチクトウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用