カンナの育て方

MENU
TOP>カンナ科>カンナ
スポンサードリンク

カンナ

カンナ
科名カンナ科
属名カンナ属
学名Canna indica hybrid
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春に種を撒くか、球根を植え付け、夏から秋に掛けて花が咲き、その後冬になると地上部は枯れてしまいます。暖地であれば、そのまま植えておけば春にはまた芽吹きますが、霜が降りるような地域では球根まで枯れてしまいます。といっても、関東でもカンナの球根の上に盛り土をしてやれば越冬も可能です。寒冷地では、掘り出して管理して、また春に植え付けします。
まとめ
●育てるのは楽。
●乾燥に弱い。水切れ注意。
●夏の暑さにも直射日光にも負けない。暑いほどよく生育する。
肥料が切れると花が途切れる。開花時期は肥料を。
●冬になると地上部がなくなるが、球根が残って入れば春にまた芽吹く。ただし寒さに弱いので、球根の上に土や腐葉土を被せて寒さ対策をすること。

水やりと肥料


水やり
土が乾いていたら水をやってください。カンナは少し湿ったような状態を好み、極端に乾燥させると生育不良を起こしたり、枯れることもあります。とはいっても、水をやりすぎてズーッとベチャベチャでも球根が腐って枯れてしまいます。基本は土が乾いていたら水をやります。
<春>土が乾いていたら水をやります。濡れているのならば水は控えます。
<夏>毎日水をやります。日当たりにもよりますが、気温が高く蒸発が激しいので1日二回、朝と夕方しっかりと水をやります。
<秋>春と同様、土が乾いていたら水をやります。
<冬>冬は掘り出して、日陰で管理するか、鉢植えで植えたまま室内で管理します。

肥料
肥料が無くとも枯れはしませんが、カンナは花の時期が長く大きな花が咲くので、生育期、特に花が咲く時期には肥料が必要です。固形肥料か化成肥料を根本に月に一回、撒きます。肥料が切れると花が途切れます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


植えるのは霜が降りなくなってから
カンナの球根の植え付けは霜が降りなくなってから。寒の戻りで霜が降りることがありますので気をつけてください。
●関東では4月中は霜が降りることがある。極稀にですが5月のゴールデンウィークあたりに霜が降りることがある。植え付けは5月に入ってからが無難。

用土と元肥
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは赤玉土6に腐葉土4を混ぜ、堆肥を加えて混ぜたものを使用します。

鉢植えにする場合は、一尺鉢(直径30センチの鉢)に植えてください。一鉢につき一つの球根です。5センチほどの深さに植えます。それ以上、深く植えないようにしてください。鉢底には軽石を入れて、球根は中央ではなく少しずらして植えます。そして球根が北側に来るように日光に当ててください。
●カンナの根は空気(酸素)を必要としていて、深く植えると呼吸ができず、生育不良を起こします。
●カンナの球根は南側に広がる性質があります。太陽がある側へと球根が伸びるので、中央ではなく少し北側に植えるようにします。

庭植えの場合
二週間前に、庭の土を40センチほど掘って苦土石灰を一摑みを入れてよく混ぜておきます。二週間後に堆肥・腐葉土を元の土の3割くらいの量を入れて混ぜます。カンナは長期間開花し、大きく育つので有機物が必要です。しっかり混ぜ込んでおきます。また、緩効性肥料も十分に入れておきます。
球根同士は50センチから60センチ空けるようにします。
●カンナの球根は太陽のある方へと伸びる性質がありますので、カンナの南側30センチは他の植物を植えないようにします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


日当たりを好む
日当たりを好み、熱帯性の植物で暑さには強いです。真夏の直射日光にも葉焼けしません。暑いほどよく生育します。
寒さに弱い
逆に寒さに弱く5度以下になると球根まで枯れてしまいますので、庭植えにした場合は、霜が降りる前に掘り出して5度以下にならない場所で発泡スチロールに入れて管理します。鉢植えにした場合は、植えたままで室内に移動し、5度以下にならない場所で管理します。10度以上の場所においておくと、芽が出てしまいますので、気をつけましょう。
●最近流通しているカンナは耐寒性もあり、冬はカンナの球根の上に腐葉土やワラや土をかぶせて霜よけすれば越冬も可能です(品種による)。耐寒性のある品種ならば毎年、簡単に花を楽しめます。
●冬に球根の上に腐葉土や土をかぶせてマルチングしておくと、球根部分まで土は凍らず、寒さに届かないので越冬できます。ただし厚さを10センチほどしっかりと被せる必要があります。

その他

ウィルス病に掛かりますが、いたって頑健な植物です。
芋虫が発生して葉っぱを食べることがたまにあります。殺虫剤で殺してしまいましょう。
剪定
カンナは生育期に剪定しません。ほったらかしです。秋から冬に地上部が枯れたら切って廃棄しましょう。

特徴・由来・伝承

本来は宿根草ですが、日本の暖地以外では冬の寒さで傷んでしまいます。春植えの球根として扱われます。花も葉っぱも大きく、近年のガーデニングではあまり好まれませんが、存在感があり、非常に育てやすい植物です。

カンナはカンナ科カンナ属で、カンナ科にはカンナ属しかない単型科です。熱帯地方に50種類が自生。

基本的には花色は赤。釈迦の霊力をねたんだ悪魔が釈迦に怪我をさせた。そのとき流れた血が土にしみこみ、そこから生まれたのカンナと言われています。そのためにカンナの花は血の様に赤いのです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用