ミツバハマゴウの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>ミツバハマゴウ
スポンサードリンク

ミツバハマゴウ

ミツバハマゴウ
科名クマツヅラ科
属名ハマゴウ属
学名Vitex trifolia
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ミツバハマゴウは成長すると2メートルか3メートルになる落葉低木です。夏に花が咲きます。昔からある植物なのですが、意外と市場に出回らず、店頭に並びにくいです。ネットでも意外と見かけません。冬の寒さに若干弱く、地域や寒波の具合によって枯れることがあるので、検討して植えてください。日向か半日陰で管理します。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。日当たりの良い場所に植えた場合は、夏の乾燥に気をつけます。ミツバハマゴウは乾燥に強いほうですが、あまりに乾燥すると弱ってきますので、真夏は土の状態を見て、水をやって下さい。

肥料は植え付けのときに肥料を混ぜておくのと、毎年二月に寒肥と腐葉土堆肥を株の周りに穴を掘って施します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けは落葉期に行います。2月か3月頃、まだ新芽が出ていないころに植え替えや植え付けを行います。水はけのよい土を好みます。市販の花と野菜の土で大丈夫です。土に堆肥を混ぜておきます。

鉢植えでも庭植えでも、根を傷つけないように古い土を落としてから、植え付けをします。根を傷つけないようにしてください。

ミツバハマゴウの苗木や鉢が出回るのは、花が咲いている時期です。植え替え・植え付けは落葉してから行ってください。花が咲いている時期に植え替えたら絶対枯れる・・・という訳ではないですが、枯れる可能性があります。

管理場所・日当たり

日当たりの良いところに植えてください。半日陰でも生育します。九州南部より以南に育つ植物で夏の暑さには強いですが、寒さに若干弱いです。弱いといっても朝鮮半島にも自生しているので、関東南部なら戸外の越冬は可能です。

耐寒温度はマイナス3度ですから、少々の寒気では枯れませんが、強い寒気に当たると枯れてしまいます。寒冷地であれば鉢植えにして、冬は室内に取り込んでください。

元々は海岸植物なので潮風に強い性質があります。
スポンサードリンク

剪定について

基本、あまり剪定をしません。選定するのであれば、落葉時期に、前年に花を付けた枝を切り落とします。もしくは、全体に樹形を整えるように邪魔な枝を落としてもOK。

プルプレア

あまり流通しない庭木。画像はミツバハマゴウのプルプレアです。流通しているミツバハマゴウはほとんどコレだと思います。葉っぱが表はグリーン、裏は紫のリバーシブルなのが特徴。寒くなってくると紫の色合いが濃くなり、コントラストがキレイです。夏に花を咲かせ、その後、実をつけます。この実が鎮痛・風邪・中耳炎の漢方薬になります。

ミツバハマゴウは三枚の葉っぱが生えます。一方海岸植物のハマゴウは単葉です。潮風に強い性質があります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用