ポリゴノイデスの育て方

MENU
TOP>ヒユ科>ポリゴノイデス

ポリゴノイデス(赤葉細葉千日紅)

ポリゴノイデス
科名ヒユ科
属名アルテルナンテラ属
学名Alternanthera polygonoides
別名赤葉細葉千日紅
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

正確な名称は「アルテルナンテラ・ポリゴノイデス」。アルテルナンテラ属は、アキランサスの属するグループです。
本来は多年草ですが、耐寒性がなく、寒気に当たって枯れてしまいます。ただし、こぼれダネでほぼ毎年芽を出します。また挿し木でも容易に根を出しますので、保険として挿し木にして室内で越冬させることもできます(そこまではしない)。

育てやすく初心者向け。環境が合っているとあちこちに増えます。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いたら水をやってください。水をやりすぎると根が傷んでしまいます。鉢植えの場合、受け皿に溜めた水は捨てて下さい。

春~秋にかけて薄い液肥をあげます。肥料が無くても枯れたりはしませんが、成長が非常によくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。土質は選びませんが、あまりに水はけが悪いのはNGです。

春に植えると夏までによく成長し、樹形が乱れます。梅雨前に、少し刈り込んでやると、脇芽も出やすくなり、夏に花がよく咲きます。

管理場所・日当たり

日当たりのいいところか、半日陰で管理します。アキランサス同様に真夏の直射日光に当たっても葉焼けせず、枯れることはありません。日当たりが良すぎて乾燥して水切れということはあります。

特徴・由来・伝承

茎が匍匐してランナーで広がるカラリーフプラント。花が咲きますが、メインは葉っぱです。寒さに弱いものの基本的に強健で、こぼれダネであちこちに広がっていきます。鉢植えにしていたのに、鉢からこぼれた種が道端のコンクリの隙間から芽を出して、広がっていく・・・ということもあるくらいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用