マザーリーフの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>マザーリーフ
スポンサードリンク

マザーリーフ(セイロンベンケイソウ)

マザーリーフ
科名ベンケイソウ科
属名カランコエ属
学名Kalanchoe pinnata
別名セイロンベンケイソウ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

葉っぱが三センチほどに成長してから、通常の土に植え付けます。育てるのは難しくないのですが、冬の寒さ弱く越冬が難しいです。
気軽に雑貨店で、マザーリーフを買っても冬は越せないケースがほとんどです。

水やりと肥料

株わけする前は、葉っぱが水の上に浮き上がらない程度に、大きな方の葉っぱがヒタヒタになる程度に水をやります。水が汚れてきたら水は変えてください。

植え換えしてからは、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。土が濡れている状態が長く続くと、マザーリーフは根が腐って枯れてしまいますので、土が乾くまでは水はやらないようにしてください。

<春>土が乾いていたら水をしっかりやります。土が乾いていたら水は控えます。
<夏>土が乾いてたら水をやりますが、夏は蒸発が激しいので、土の状態をみて、場合によっては一日二回朝と夕方にしっかりと水をやります。
<秋>春と同様に土が乾いていたら水をしっかりやります。土が乾いていたら水は控えます。
<冬>冬は蒸発も少なくなりますし、マザーリーフ自体の成長も鈍くなっていますので、水を控えます。土が乾いてから数日経ってから水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

葉っぱから生まれた小さな株が三センチくらいまで成長したら、市販されている花と野菜の土や観葉植物の土などに植えかえます。植え換えといって根っこが埋まっていればあとは勝手に育ってくれます。

管理場所・日当たり

冬は10度以上の明るい場所で管理してください。10度以上の場所はリビングなど人が生活する場所です。10度以下になると枯れます。霜に当たると一発で枯れますので秋に戸外で管理している場合は、早めに室内に取り込んでください。

本来は日当たりを好むのですが、真夏の直射日光を浴びると葉焼けしてしまうので、春から秋の間は半日陰で管理します。

支柱をするか?植え換えるか?

植え換えて成長してくると、ニョキニョキと伸びます。茎が意外と弱いので支柱をしてあげます。支柱が面倒な場合は、先を切って摘芯切り戻しをするのも手です。挿し木が簡単に出来るので、大きくなりすぎた株を適当に挿し木して増やして、古い株を廃棄するのもテクニックです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

多肉植物で多年生の植物。カランコエの仲間で、当然花もつけます。花は提灯のようにぶら下がって咲きます。
よくホームセンターや雑貨店で、葉っぱの周囲に小さな葉っぱを沢山付けている状態で販売されています。
実際あんな風に小株を作り、ある程度大きくなって、それがポロポロ落ちて繁殖します。寒さに弱いので、日本の本州では繁殖しませんが、沖縄など熱帯地域では侵略的外来種として問題視されるほどの繁殖力です。

グッドラック―リーフとかハッピーリーフ、子宝草といった別名があり、若干ややこしい。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用