パキスタキスの育て方

MENU
TOP>キツネノマゴ科>パキスタキス

パキスタキス

パキスタキス
科名キツネノマゴ科
学名Pachystachys
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

黄色いパキスタキスルテアがよく流通しています。色合いは複数あってさまざまあります。黄色い部分は花びらではなく苞(ホウ)です。この苞部分はすぐには枯れず、一旦咲いたら、長く鑑賞できるのが特徴です。

冬の管理さえうまくいけば、後は簡単に育ちます。それほど気にしなくても花も咲き、初心者向けです。春になると苗ポットが出回りますので、これを春に花壇に植えて秋まで楽しんだら霜に当たって枯れる、という一年草扱いでも十分楽しめます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

春から秋に掛けては、通常の植物と同じように、土が乾いていたら水をしっかりとやります。水をやるときには葉っぱにも水が掛かるようにします。パキスタキスは湿度の高い環境を好み、土だけに水をやっていると乾燥します。水が掛けられない場合は、霧吹きで掛けてやります。

冬も土が乾いていたら水をやってください。他の植物は冬は蒸発量が減り、発育しなくなって水を吸い上げる力が落ちるので、土が乾いてから数日たって水をやりますが、パキタキスは土が乾いたら水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは毎年行います。植え替え時期は春です。
花壇に植える場合は市販されている花と野菜の土を利用したり、庭土に腐葉土赤玉土を混ぜます。
鉢植えにする場合も、花と野菜の土か赤玉土6腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。もしも冬越しをする場合は、赤玉土6にピートモス4を混ぜたもので植え付けをしてください。冬に室内に取り込むので、腐葉土を混ぜて植えると匂いがします。ピートモスなら匂いがしません。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりで管理します。夏は直射日光を避けて半日陰や明るい日陰で管理します。生育温度は15度から25度です。耐寒温度は5度ですので、霜が当たると枯れてしまいます。秋まで戸外で管理している場合は、霜が降りる前に室内に取り込んでください。

冬は室内の5度以下にならない日当たりで管理します。冬であっても13度以上を保つことが出来れば、冬も開花します。

摘芯・切り戻し

放置しておくと最大で2メートルまで成長しますので、早めに摘芯して、小さく仕立てます。この作業は春先、5月前後に行います。

挿し穂で簡単に増えます。芽のついた部分を土に指しておくのですが、すぐに芽が花になってしまうので、摘芯して出てくる脇芽の一部を切って挿し穂にします。

特徴・由来・伝承

南米ペルー原産。見た感じ小海老草(コエビソウ・ペロペロネ)に似ています。黄色い苞の中から白い花びらが飛び出す不思議な形です。寒さに弱く、よく植物園の温室に植えられています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キツネノマゴ科の仲間


キツネノマゴ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用