ブロッコリーの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>ブロッコリー
スポンサードリンク

ブロッコリー

ブロッコリー
科名アブラナ科
学名Brassica oleracea
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


早く収穫できる早生品種(シャスター・エルデ・すばる…など)がありますので、初心者はこれらの品種から挑戦して下さい。
年間のざっくりとした計画
ブロッコリーは発芽率がよく、畑がある場合は、初心者でも種から撒いて収穫できます。8月にも苗が出回り、これを植えて早生種は12月前後、晩生種は春に収穫というパターンが一般的。
●3月下旬に植えて6月に収穫しますというパターンもあるらしいですが一般的ではないです。
●一般的に食べる部分を頂花蕾(チョウカライ)。頂花蕾を切ると脇芽で出てくるのは側花蕾(ソクカライ)。
●側花蕾をメインにした品種もある。スティックセニョール。
●カリフラワーはキャベツの仲間の中では暑さ寒さに弱く育てるのは難しい。ただし店頭売りのものよりおいしい、らしい。
●花が咲くと食べられない。もうちょっと大きくなったらいいなぁ、と思っているうちに綺麗な菜の花が咲いて食べられなくなる。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。畑でもプランターでも同じです。夏に植え付けする場合、乾燥で根付きにくいです。水が切れないようにしっかりと水やりをしましょう。
ブロッコリーは肥料食い
植えつけてから二週間たったら、追肥をします。化成肥料を根本に撒いて、土に混ぜ合わせ、土寄せします。その後、ツボミが見えたらまた同様に追肥をします。ブロッコリーは肥料食いで、肥料が切れないようにするのがコツです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き




種からでも、苗からでも
種子の発芽率がよくポットで育苗しなくても、直接畑の畝に三粒か四粒を30cm間隔で撒いてもOK。発芽して葉っぱが5枚になるまでに間引きます。
●発芽の温度は25度とかなり高い。
●苗の時点では比較的暑さに強いが、育ってくると弱くなる。7月・8月に育苗するのはそのため
●種子を撒いて苗を育てると一定の確率でキャベツが出る。これは仕方が無い。
●収穫が終わったら、そのままグシャグシャにして肥料にして土に還すといいです。
●移植は出来る。ただし普通はしない。

種蒔きは春まきと夏まきに分けられます。生育温度は20度と涼しい環境を好みます。ポットや培養土に種を三粒づつ撒いて、水をやっておくと芽が出ます。本葉二枚になったら、三粒のうち一番元気なのを残して、あとは間引いてしまいます。間引いたものは「カイワレダイコン」感覚でサラダにして食べてしまいます。
●25度以上になるとツボミがうまく生育しなくなります

ブロッコリーは酸性土壌を嫌います。畑に植える場合は二週間前までに、苦土石灰を撒いて耕しておきます。これで中和させた土に堆肥と化成肥料を混ぜて、ウネを作ります。よく畑で山になって並んでいるこんもりしているアレです。あそこに間引いて本葉が5枚以上になったら植え付けします。深すぎないようにしてください。植え終わったら水をやります。
●昨年、アブラナ科の植物を植えていた場所は生育不良を起こしやすいので避けてください。
●折れた脇芽を土にさしておくと苗になる。その後収穫も出来る。

プランターの場合は2株
プランターで育てる場合は65cmのプランターで二株植えます。もしくは尺鉢(直径30cmの鉢)に一株植えます。用土は市販の花と野菜の土です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理して下さい。日当たりが悪いと生育が鈍くなります。しかし、日光が少ないから収穫できないというわけではなく、収穫が遅れるだけです。なので半日陰でも収穫は可能です。
涼しい気温を好む
発芽は25度以上。生育は25度を超えないようにする。生育に適した温度は18度から20度。25度を超えるとツボミがうまく形成できなくなります。
発芽は初夏、植え付けが初秋。冬に入って収穫期を迎える。晩生種は春に収穫。
●ある程度生育してから、「寒さに当たって」花芽が出来ます。寒さに当たらないと花芽が出来ません。

収穫について

ブロッコリーを最初に収穫すると、その後、脇芽から小さなブロッコリーが出てきます。このうち大きなものを残して、また収穫することが出来ます。最初のほどは大きくなりませんが。
虫は覚悟しましょうね
アブラナ科なのでアオムシやアブラムシバッタナメクジ、いろんな虫がつきます。一番の予防方法は早期発見・早期対処です。見つけ次第捕殺、駆除します。プランターの場合は寒冷紗(=防虫ネット)で覆って、虫が卵を産み付けられないようにします。畑の場合は無理なので、やっぱり見つけ次第捕殺します。
●見た目が悪いが防虫ネットはするべき。
●防虫ネットをしていても土の中にコガネ虫の幼虫がいることがある。
●害虫を食べてくれる「アシナガバチ」。アシナガバチは植物と虫と「水場」があると飛んで来やすい。ブロッコリーの畑の周囲に睡蓮鉢などで水場を容易すると良い。ただし、アシナガバチの危険性を理解しておくこと。
●食べるものが無いヒヨドリはブロッコリーの葉っぱを食べる、らしい。
●虫に葉を食べられてほぼ丸坊主になっても、復活する。アブラナ科はすごい。
●花が咲く前に全部、摘み取っていると枯れずに多年草化する、という話も。
●ブロッコリーの花芽がどうしても出ないときは、根切りをして根を更新する。ブロッコリーの周囲にスコップを入れて根を切る。

殺虫剤を使えないので、なかなか大変ですが、「天然成分」を使った殺虫剤がありますので、これを使います。

品種
●すずなりブロッコリーは秋に植えて翌年の春に収穫。文字通り鈴なりのわさわさになる。人気。
●ロマネスクはローマブロッコリーとかシチリアンブロッコリーという名前で出ているがロマネスクは分類上は「カリフラワー」。カリフラワーは側花蕾が出ない。よってロマネスクも側花蕾が出ない。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ブロッコリーはキャベツの変種。本来、カリフラワーはキャベツ類の花の総称。現在私たちが食べているカリフラワーはキャベツが突然偏して生まれたものと言われていますが、はっきりとした経緯は不明です。ブロッコリーとカリフラワーは似ていますが少々つくりが違います。カリフラワーは食べる部分が密集してくっついていますが、ブロッコリーは密集していません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用