ツディの育て方

MENU
TOP>シノブ科>ツディ
スポンサードリンク

ツディ(ネフロレピス・タマシダ・ツデーシダ)

ツディ
科名シノブ科
属名タマシダ属
学名Nephrolepis
別名ネフロレピス・タマシダ・ツデーシダ
みずやり水を好む
場所室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ツディはシダの仲間です。葉色が鮮やかで、シダにありがちな「ジメ」っとした印象はなく、若々しいスッキリとした色合いです。ただ、春から秋にかけて水を欲しがります。その度合いが他の植物よりも強く、葉水(霧吹きで水をかけてやる)をしないと、カラカラになって、葉っぱが茶色くなるので、「ツディは弱い植物」と思っている人が多いですが、そんなことはありません。

水やりと肥料

乾燥が苦手で、特に春から秋に掛けての生育期間には土への水やりだけではなくて、葉っぱにも水を掛けるか、室内で葉っぱに水が掛けられない場合は、霧吹きで葉っぱに水をかけてあげます。春から秋はほぼ毎日、水をやります。夏は管理場所にもよりますが、1日二回水をやる必要があります。

反対に冬は水やりを控えます。冬は水の蒸発量も減り、ツディが水を吸い上げる力も鈍くなりますので、水を控えないと水が腐って根が傷んでしまいます。
土が乾いてから数日たって水をやる程度です。

肥料は置き肥を避け、春から秋に掛けての生育期間に液肥をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢のソコから根が出ていたり、新芽が伸びにくかったり、してくると根詰まりをしています。大体二年か三年に一回は植え替えを行います。

用土観葉植物の土で行います。基本的に冬以外であれば、植え替えは可能です。

植え替えのときに株をばっくりと手で裂いてやれば、裂いた数だけ株が出来ます。それを同じように観葉植物の土で植えてやれば、どんどん増えていきます。

管理場所・日当たり

シダは森林の木の根元などに生えている植物です。直射日光はツディにとっては強すぎます。

耐陰性が強く、直射日光に当たると葉やけをします。室内の直射日光の当たらない明るい場所か、戸外の日陰で管理します。

特徴・由来・伝承

シダの仲間で、耐陰性があります。

19世紀のロンドンでは工場の排気ガスで空はいつも曇っていました。ですが、当時はガーデニングブーム。一般家庭やオフィスでもグリーンを楽しもうと考えた結果、た陰性のある「シダ」がブームとなりました。その当時からツディが愛されていたかどうかは分からないですが、シダに多くの品種があるのは、そういう理由もあります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シノブ科の仲間


シノブ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用