西洋朝顔の育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>西洋朝顔
スポンサードリンク

西洋朝顔(ソライロアサガオ・ヘブンリーブルー)

西洋朝顔
科名ヒルガオ科
属名サツマイモ属
学名Ipomoea tricolor
別名ソライロアサガオ・ヘブンリーブルー
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ここで扱っているのは「一年草の西洋朝顔」です。春に種を撒くか、夏までに苗を植えて晩夏から霜が降りるまで楽しむアサガオです。

西洋朝顔と呼ばれる中には「宿根の西洋朝顔」と「一年草の西洋朝顔」があります。「宿根の西洋朝顔」の代表はオーシャンブルーです。こちらは、越冬して翌年も同じ株が花を咲かせます。もう一方の「一年草の西洋朝顔」は、(自生地では多年草ですが…)通常の朝顔と同様に冬には寒さで枯れてしまいます。

通常の朝顔が夏の間に開花するのに対して、西洋朝顔は「短日植物」で日中の時間が短くならないと咲き始めません。よって花が咲くのは9月前後とされています。

水やりと肥料

土が渇いていたら水をしっかりとやります。春から秋の間は毎日水をやることになります。夏は1日二回、しっかりと水をやってください。水が不足すると、花が咲かずにしぼんだり、咲いてもキズが入っていたりと、よろしくないので、水が切れないようにします。特に梅雨明け以降は日差しが強くなり、水が不足しがちになります。これは庭植えした場合も同じで、梅雨明け以降は庭植えであっても、しっかりと水をやってください。

春から秋に掛けて液肥を二週間に一回程度やります。肥料をやるとよく茂り、花も増えます。ですが、ベランダで育てている場合などは、大きくなりすぎても困ります。そこで、都合に合わせて、西洋朝顔の様子を見ながら量を調節します。肥料を上げすぎないように気をつけてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種を撒くのは4月から5月です。一個の種でも非常に大きく育つので、種を撒くよりはポット苗を植え替えるのが一般的です。

昨年、育てていていたら、西洋朝顔の種を採取することも出来ます。ただし、種は出来にくく、未熟なままで枯れてしまいます。

種は、殻が異常に硬く、そのまま撒くと発芽率が悪いです。そこで、三日月形の背中側にカッターややすりで傷をつけてから、水につけてふやかして、土に指の第一関節くらいの穴を作ってそこに入れます。三日月の背中が上になるようにします。

管理場所・日当たり

日当たりで育てます。ベランダの場合、午前中だけしか日が当たらないということもありますよね。それでも育ちます。

その他

ナメクジアブラムシが発生します。ナメクジは根本にコーヒーや紅茶のカスを撒くと予防できます。ただ、カスにカビがつくのが難点。最大の予防方法は、やっぱり早期発見ですぐ捕殺です。

余談:短日植物とよくネットなどでかかれていますが、ちょっと疑問。もしかすると単に株の成長具合で花つきが変わるだけかもしれません。

特徴・由来・伝承

朝顔が朝咲いてしぼんでしまうのに対して、西洋朝顔は昼間も咲いています。「朝顔の情緒」というのはちょっと欠けますが、開花時間が長いのはうれしいですね。しかし、非常によく咲き、10月前後に満開状態になります。庭植えすると、一株で毎日100個以上も咲きます。毎日毎日大量に咲くので飽きるかもしれません。

抜けるような色合いの「ヘブンリーブルー」が一躍有名になり、流通量は増えています。

昔からあるアサガオはIpomoea nil。西洋朝顔はIpomoea tricolor。別種です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

西洋朝顔の日記

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用