ブライダルブーケの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>ブライダルブーケ
スポンサードリンク

ブライダルブーケ(宿根イベリス)

ブライダルブーケ
科名アブラナ科
学名Iberis
別名宿根イベリス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに強く、秋か冬に苗を植えて、それが春から初夏まで咲きます。宿根なので、夏を越せばまた翌年の春に花を咲かせます。本来は亜低木です。

花がしぼんだら、こまめに摘んでやるのが、長く綺麗に花を楽しむコツです。

水やりと肥料

土が乾いたら、水をやります。宿根イベリス・ブライダルブーケは過湿に弱く、水をやり過ぎると蒸れて、根が腐ってしまいます。夏は特に蒸れやすいです。冬でも水をやり過ぎると、株が弱り、生育不良を起こしたり、根が腐ってしまいます。
水やりの基本は「土が乾いていたら、たっぷりやる」です。水をやるときは、鉢底から染み出すくらいにしっかりとやりますが、土に触ってみて、濡れているようであれば、水はやらないでください。

春の開花時期に一週間に一回程度、秋は月に一回か二回程度、液肥をあげます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。

酸性の土壌を嫌うので、庭植えする場合は、庭の土に石灰を混ぜて中和させてから植え付けをします。植え付けをする二週間前にしてください。また水はけのよい土を好みますので、庭の土が粘土質な場合は、土に川砂を混ぜて、水はけを良くしてください。

宿根イベリスのブライダルブーケに限らず、イベリスは移植を嫌います。一旦植えたら、別の場所に移動は出来ないと考えて、どこに植えるか決めましょう。

鉢植えにする場合は、市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは市販の土に川砂を混ぜてから植えます。市販の土はすでに中和してありますので、石灰を混ぜる必要はありません。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光にしっかりと当ててください。日光が少ないとうまく育たず、花つきが悪くなり、茎がひょろ長く伸びて株が弱くなってしまいます。

夏の多湿に弱く、風通しが悪いと蒸れて枯れてしまいます。そこで花が一休みする6月に刈り込んでしまいましょう。刈り込むことで、次の花も咲きやすくなります。地域や環境によって涼しくなってからまた咲くことがあります。

冬の寒さには強く、マイナス10度まで耐えます。

特徴・由来・伝承

常緑で宿根のイベリスの園芸品種です。花嫁が持つブーケのように真っ白でこぼれるように花が咲きます。草丈が20センチ前後と低く、寒さに強いので、冬のガーデニングのグランドカバーや、寄せ植えの前景によく使われます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用