ワックスフラワーの育て方

MENU
TOP>フトモモ科>ワックスフラワー

ワックスフラワー

ワックスフラワー
科名フトモモ科
学名Chamelaucium uncinatum
みずやり水控え目
場所季節による
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花が一旦咲くと、長く咲いてくれます。しかし、過湿に弱く、夏に群れると腐って枯れてしまいます。かといって乾燥すると花や葉っぱがポロポロと落ちてしまいます。初心者向きの花ではありませんが、中級者以上は気が向いたらチャンレンジしてみてもいいかも。
香りがあるんですが人によって好みが分かれます。冬は室内で管理することになるので、購入前によく考えてください。
まとめ
●過湿に弱い。
●夏に枯れやすい。
●水のやりすぎに注意。腐って枯れます。
●乾燥すると花や葉っぱが落ちる。
●乾燥防止に、霧吹きで葉っぱに水をかける。
●春と秋は戸外の日当たりへ。
●夏は直射日光に葉焼けする。
●春と秋に液体肥料を。
スポンサードリンク

水やりと肥料


水やりは土が乾いてから
基本は土が乾いていたら水をしっかりとやります。
春から秋は気温が高く、水を吸い上げる力も強いですし、蒸発量も多いですので、土が乾いていたら鉢底から出てくらいにをしっかりとやってください。

春はほぼ毎日か1日おきくらい。蒸れに弱いのですが、室内が乾燥しているとせっかく付いたツボミがポロポロと落ちてしまいます。春は戸外で管理して葉っぱに水を掛けるか、室内で霧吹きをするかして、葉っぱに水分補給してあげます。
●夏は毎日夕方に一回か、それでも不足なら朝夕二回水をやってください。
●受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。
●でも水をやりすぎると、根が腐って枯れてしまいます。これは一年中、いつでも発生します。水をやる前に、土を触ってみて濡れているならば、水はやらないようにします。

冬の水やり
冬はワックスフラワーの生育も鈍くなりますし、気温が低く水の蒸発量も少ないです。水は控えめにします。土が乾いてから、数日経って水をやってください。乾燥気味に管理しますが、冬の室内は暖房で乾燥しがちです。土へ水をやると根が腐るので、葉っぱに霧吹きをして水分を補給してあげるとよいです。冬越しはそれほど難しくありません。
●受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。

肥料
春と秋に薄い液体肥料をやります。真夏は高温多湿で弱るので肥料はやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土5ピートモス3川砂2を混ぜたものを使います。アルカリ性の土を好み、酸性の土を嫌います。地植えは無理なので、鉢植えにします。植え替えは春先です。

管理場所・日当たり

日当たりを好む
春と秋はできるだけ日に当てます。室内でも日当たりがよければいいですが、出来るだけ戸外の日当たりで管理します。日に当てると大きく丈夫に育ちます。
夏の直射日光は苦手
真夏の直射日光に当たると、葉っぱが焼けて変色してポロポロと落ちますので、夏は風通しの良い半日陰か明るい日陰で管理してください。ワックスフラワーは
「蒸れ」に弱く、日本の高温多湿の夏が苦手です。ワックスフラワーは夏を越せるかどうかです。
●夏に室内で管理する場合、クーラーの風が直接ワックスフラワーに当たらないようにします。

冬の管理場所
耐寒温度は5度です。霜に当たると枯れてしまいますので、秋に戸外で管理しているのをそのままにしていると、霜に当たって一発で枯れます。早めに室内に取り込みましょう。冬も室内の出来るだけ日当たりのよい場所で管理してください。日光が足りないと徐々に弱って、葉っぱが落ちていきます。
●室内で管理する場合、暖房の風が直接当たらないようにします。直接当たると乾燥で葉っぱが落ちます。
●室内で管理していると、空気は乾燥しているのに、土は水を持っているという状態になります。すると土に水があるのに、葉っぱがカラカラなんてことも。そこで霧吹きで葉っぱに水をかけて乾燥を防ぎます。

特徴・由来・伝承

花の形もちょっと変わっていて、葉っぱや花に独特の光沢があることから、ワックスフラワーと呼ばれています。切り花でよく流通しています。
ワックスフラワーは夏の暑さと蒸れに弱いですし、冬の寒さにも弱く、日本の気候は合っていません。特に夏越しが難しいです。夏越しは出来ない訳では無いですが、軽い気持ちでは難しいです。そのせいか、ワックスフラワーの鉢植え・苗は市場にもあまり流通していません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フトモモ科の仲間


フトモモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用