ヘリオトロープの育て方

MENU
TOP>ムラサキ科>ヘリオトロープ
スポンサードリンク

ヘリオトロープ(香水草)

ヘリオトロープ
科名ムラサキ科
学名Heliotropium
別名香水草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

高温多湿にも比較的強く、夏のガーデニング材としてよく流通するようになりました。

春に植えて夏に咲き、冬には霜に当たって枯死する…という一年草のサイクルを経るのが一般的です。ただし、南関東以南の暖地であれば、霜に当たらなかったら、戸外で越冬も可能です。

水やりと肥料

乾燥に弱く、水が切れるとすぐにシワシワになり、葉っぱが落ちてしまいます。春から秋に掛けては水が切れないようにしましょう。特に夏は非常に水切れが置きやすいです。朝と夕方の二回、しっかりと水をやりますが、それでも根が張ったり、西日が当たって乾燥しやすいと水切れが起きやすくなります。

鉢植えよりも庭植えにすることで乾燥を防ぎます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春に種を撒くか、苗を植え、春から秋に掛けての長期間花を咲かせます。

鉢植えの場合、花が終わったころに、鉢底から根がはみ出すほどに成長していたら、植え替えをします。古い鉢から株を取り出し、三分の一か二分の一ほど土を落としてから、新しい鉢に植え替えます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます。といっても、日当たりが悪いと花つきが悪くなりますので、出来るだけ日当たりがよいです。

夏の高温多湿に比較的強い、のですが、あくまで比較的なだけで、夏は株が弱り、花が休みます。

ヘリオトロープは一年草扱いの場合もありますし、多年草で何年も冬越しさせて、木の様に育つ品種もあります。多年草タイプは霜に当たらないようにすれば関東以西では越冬も可能です。

冬に室内で越冬させる場合は、日当たりで管理して下さい。耐寒温度は5度です。

特徴・由来・伝承

ヘリオトロープという名前はギリシャ語で「太陽に向かう」という意味。
ペルー原産で、フランスの園芸家が1757年にパリに種子を送ってから世界各国に広まった。本来は香りを楽しむもので、香水の原料として育てられてきましたが、揮発性が過ぎて、香水としては利用されなくなりました。その後、園芸品種として見直され、広く普及しました。

ヘリオトロープは日本に輸入されて市販された始めての香水と言われています。小説「姿三四郎」にもヘリオトロープの香水が、登場します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ムラサキ科の仲間


ムラサキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用