小菊とスプレー菊の違い

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識・雑学>小菊とスプレー菊の違い
スポンサードリンク

花屋さんでもよく分からない小菊とスプレーギクの違い


小菊は日本古来の昔からある菊です。それに対してスプレー菊は1970年代あたりから普及した西洋の菊です。

小菊は花が小さく、スプレー菊は花が大きめ、なんていう見分け方で昔は良かったのですが、今は花の大きな小菊もありますし、逆に花が小さなスプレー菊も出ています。差異なんてあって無い様なものです。

菊って実は海外で評価が高い

日本にももともと野菊が自生していました。中国から重陽の節句とともに菊を愛でる習慣が入ったとされています。日本では古今集ですでに菊についての歌があるように、菊を鑑賞する習慣自体は長いです。

菊が本格的に鑑賞されるようになったのは江戸時代です。江戸時代には多数の園芸品種が生み出されて、全国各地で菊が栽培されるようになります。幕末から明治にかけて菊は大輪を求めるようになりました。

明治維新後、その大輪の菊がパリの万国博覧会に出品され、その姿に魅了された西欧で強烈な日本ブームが来たといわれています。当時はまだガーデニングブームで世界中の未知の土地から植物をかき集めていた時代でしたから、衝撃だったんでしょうね。

それからヨーロッパでも育種があり、スプレー菊が生まれたのではないかと思います。私の記憶では、スプレー菊の元々はオランダだったと思うのですが、調べるとアメリカのヨダーという会社と書いてあります。うーん。もう少し調べてからまた追記します。
スポンサードリンク

小菊=お供え スプレー菊は…

日本人にとっては菊はお供えの花ですが、ヨーロッパの人にとっては単にキレイな花です。特に冠婚葬祭に結びついていません。そのせいもあって、ブライダルにも菊が使われます。

スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用