ブライダルベールの育て方

MENU
TOP>ツユクサ科>ブライダルベール
スポンサードリンク

ブライダルベール

ブライダルベール
科名ツユクサ科
属名ギバシス属
学名Gibasis pellucida
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育てるのはさほど難しくないのですが
花が咲かない

カスミソウのような小さな花が咲いている姿を見て、購入する方が多いと思います。ブライダルベールが好きだ!って人が多いのですが、日光が不足すると、花が追いつかず、まばらな状態になります。また肥料が少ないと、やっぱり花つきが悪くなります。とにかく日光と肥料!大事です。
寒さにはそこそこ強い
なので花満開の状態が長く維持できず、他の派手なガーデニング植物に負け気味。ですが、寒さにもそこそこ強く、暖地では戸外で管理して越冬させることも出来ます。ただし霜に当たると枯れますので、冬は室内での管理が基本です。

水やりと肥料

意外と土に水が届いていない
春から秋は、土が乾いていたら水をやってください。葉っぱが生い茂って土から水が蒸発しにくく、蒸れやすいので、水をやるときは必ず土に触ってみて、濡れているようであれば、水を控えて下さい。
ハダニが発生するので葉に水を掛けましょう
ブライダルベールは乾燥するとハダニが発生します。出来るならば、水をやるときに葉っぱにも掛けるようにバシャバシャとやります。室内で管理していて、それが出来ない場合は、霧吹きで葉っぱに水を吹きかけてやってください。

秋以降、寒くなってきて最低気温が20度以下になってきたら、水を控え始め、まるきり冬になったら、土が乾いてから数日たって、土が白く変色してから水をやるようにします。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
肥料
春から秋の生育期間には液体肥料を10日に一回程度あげてください。肥料が少ないと花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根を張るスピードが速く根詰まりがおきやすいです。二年に一回は植え替えをします。出来れば毎年行ってください。

根詰まりをすると水をやっても水をやってもシオれたり、下葉から落ちるなどしてきます。

用土観葉植物の土か、市販の花と野菜の土か、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日光を好みます。耐陰性があって半日陰でも育つのですが、日光が少ないと花つきが悪くなります。
真夏の直射には弱いので半日陰へ
真夏の直射日光にあたると葉っぱが黒く変色して枯れてしまいますので、真夏はカーテンやヨシズなどで遮光するか、木漏れ日が差す場所や、明るい日陰で管理します。

<春>戸外の日当たりか半日陰、もしくは室内の日当たり
<夏>戸外の半日陰か、室内の明るい場所。直射日光が当たる場合は、カーテンやヨシズなどで遮光する。
<秋>戸外の日当たりか半日陰、もしくは室内の日当たり
<冬>霜が降りない暖地ならば戸外の日当たりでもOK。霜が降りる地域では室内の日当たりで管理します。

ブライダルベールの耐寒温度は5度。霜に当たると枯れますが、枯れた部分をそのままにしておいて防寒させると、根までは枯死せずに春には新芽が出てきます。霜に当たって地上部が枯れても諦めずに水やりをしておきましょう。
スポンサードリンク

梅雨前・夏前に切り戻しを

葉っぱがよく茂り、蒸れやすいです。蒸れると葉っぱが腐ってきます。風通しの良い場所で管理できればいいですが、それでも、梅雨や夏場には蒸れますので、夏前に半分ほど刈り込むといいです。

特徴・由来・伝承

名前の通り、カスミソウのように小さな花が咲く様子を結婚式の新婦のベールになぞらえての命名。

花がまばらなのもあって、最近は見かけなくなってきました。お花屋さんが仕入れてしばらくすると花がポロポロ落ちて、ベールじゃなくて単なる草になるので、仕入れる花屋さんもちょっと億劫になるんですよねー。

ブライダルベールの中には斑入りのバリエガタがあり、観葉植物として楽しむこともあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ツユクサ科の仲間


ツユクサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用