セラスチュームの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>セラスチューム
スポンサードリンク

セラスチューム

セラスチューム
科名ナデシコ科
属名ミミナグサ属
学名Cerastium
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

白く繊細な花に、銀色の葉っぱ。シロタエギク・ラムズイヤーなどのシルバーリーフよりも葉っぱが小さく愛らしい容姿。花だけでなく葉も観賞価値があって、葉っぱをメインに寄せ植えにすることも多いです。真夏の高温多湿に弱くて、事実上の一年草扱いになりますが、それまでは頑健で育てやすく、庭植えにすれば放置で育ちます。

一年草と割り切れば超初心者向きです。

水やりと肥料

花に水が掛かると、花が傷んでしまいますので、水をやるときは花に掛からないようにします。出来れば、雨にも当たらないほうがいいので、雨避けをしたり、軒下で管理するなどするとよいです。

水やりは土が乾いていたらという通常の水やりで行います。水をやりすぎると根が腐ります。庭植えした場合は、雨だけで十分です。といっても雨を避けて軒下などに植えた場合は、たまに水をやってください。

肥料は必要ありません。肥料をやると花つきが悪くなり、徒長します。もしも開花時期に花が咲かない!のであれば肥料を止めてみて下さい。

植え付け・植えかえ・種蒔き

匍匐して広がりますので、植えるときはスペースを広く取って植えてください。鉢植えには向いていません。蒸れて枯れやすいです。

水はけのよい土が適しています。また肥沃ではない土が適しています。乾燥気味で痩せ地じゃないと花が咲かないこともあります。

用土は水はけが良く、痩せていること。水はけが悪い場合は川砂を混ぜるなどして水はけをよくしてください。あまりに肥沃な土地の場合は、植えても花が咲かないかもしれません。

鉢植えにするときは赤玉土7腐葉土2川砂1を混ぜたもので植え付けをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日当たりが悪いと花が付かないことすらあります。

真夏の直射日光と蒸れに弱く、夏越しさせるのであれば、夏は遮光をするか、日陰か半日陰に移動させる必要があります。暖地では一年草と考えて下さい。涼しい地域ではそのままで夏越しし、一度植えると毎年芽が出て増えていきます。

冬は耐寒性があり、雪に埋もれても枯れません。寒冷地であっても、霜よけ・雪避けなど何もする必要はありません。

特徴・由来・伝承

草丈は20センチ前後とあまり大きくならず、横へと匍匐して増えていくタイプです。英語ではスノーインサマー。原産地はイタリアと南ヨーロッパ。種で増やすことが多いですが、苗も出回ります。グランドカバーにする人もいるらしいですが、あまり向いてないと思います。

真っ白な花と銀葉で花が咲き乱れるだけでなく、広がっていくと、一面セラスチュームの海。寒さに強く寒冷地でも冬越しして、夏の暑さには弱いのですが、暖地でなければ夏を越えて毎年咲きます。寒冷地の希望の星かも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用