披露宴

MENU
TOP>結婚>披露宴
スポンサードリンク

披露宴の由来

平安時代は、男性が女性の家に通う「通い婚」でした。男性と女性は恋愛関係になり、男性が女性の家に通い、それが露見する。その露見するという部分が披露宴でした。

通い婚では男性が女性の家に通っていることが「結婚」という形式の印でしたし、現在のように純潔を求められたり、配偶者に対して今ほどは真面目でなくても許されたようです。

日本で純潔を求められるようになったのは江戸時代の儒教思想が入ってからと、明治以降の脱亜政策から。

ただし平安時代の文献は少なく、源氏物語やその他の少ない文献からの推測です。

武家社会が広がり、女性が男性の家に入る「嫁入り婚」が一般的になると、婚約・結納・日取り決め・結婚披露宴の作法などが整備されました。

韓国の新郎いじめ

韓国では結婚式の後に新婦の親戚縁者が新郎をとりかこんでいじめます。足を紐で縛ってつるして、血が滲むほど棒で叩き、性的なことを根掘り葉掘り聞き、あることないこと罵り続ける。また漢詩を作れと強要して出来たらケチをつけて罵る。最後は宴会をします。地方によって儀式の内容が違い、また最近では新郎いじめ減っているらしいです。

「未経験の女を奪っていくのが許せない」というのがこの儀式の根本とされていますが、本当でしょうか?
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用