切り花の長持ちのコツ

MENU
TOP>雑学>切り花の長持ちのコツ

切り花が枯れる原因

切り花が枯れるのは第一に雑菌の増殖です。よく切り花の延命剤が販売されていて、それを入れると長持ちするとされています。その成分の中に「花の栄養」という言葉をよく聞くと思いますが、切り花を長持ちさせる要素としては低いです。
雑菌の増殖を抑える方がずっと大事です。
スポンサードリンク

いろんなコツ

切り花を長持ちさせるコツとしてよく上がるものを列挙します。効果を★の数で評価。評価は個人的なものです。

10円玉を入れる★★☆☆☆
10円玉は銅でできていて、胴には殺菌作用があります。10円玉を入れると切り花が長持ちするというのは本当です。ただ、効果としては「まぁまぁ」。

中性洗剤を入れる★★☆☆☆
中性洗剤には殺菌効果があり、水が腐るのを防ぐことが出来ます。また中性なので花を痛めず、切り花が長持ちします。

切り戻し★★★☆☆
こまめに花の切り口を新しくすることで、水の吸い上げをよくすることです。切り戻すことで、茎の水を吸い上げる管に詰まったゴミを落としますので、切り花の延命効果があります。真夏は面倒ですが、効果は感じられるはずです。

水換え★★★☆☆
根本的な対処方法で、ある意味ではもっとも効果があります。冬も三日に一回は換えた方がいいです。夏は毎日。夏は本当に面倒です。裏技として夏は氷を入れておくというのも。

延命剤★★★★★
一番切り花の長持ち効果がありますが、お金が掛ります。水が腐るのを防ぎ、尚かつ花の栄養を補給します。

霧吹き型の延命剤★★★★★
効果がありますが、一般家庭で何処まで価値があるかはちょっと疑問。花屋さんはコレを切り花に吹いて花もちを良くします。花もちは良くなりますが、毎日吹くものでは無く、買った日に一回吹いて、それで効果が続く、という感じです。一般家庭ではもてあますと思います。

霧吹き★★★☆☆
意外な切り花の長持ちのコツとして、花や葉っぱに霧吹きを掛けるというのがあります。花には花びらから水を吸収するペダルアブソービングという効果があり、霧吹きで水を補給してやるのも長持ちのコツです。それに、「花が綺麗に見える」という副産物も。

HB101☆☆☆☆☆
HB101は成分がはっきりせず、効果は無いと思われます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用