フラワーアレンジの宅配

MENU
TOP>花ギフト関連用語>フラワーアレンジの宅配
スポンサードリンク

フラワーアレンジを宅配する

フラワーアレンジ宅配は、かなり一般的になり、フラワーアレンジの宅配を中心にしてネットショップだけで営業する花屋さんも増えています。

昔は花屋さんが近所にあったのですが、花店が少なくなったのも理由です。ネットでおしゃれなフラワーアレンジの商品画像が見られるようになり、フラワーギフトにしやすくなったのも理由だと思います。

フラワーアレンジ宅配のメリット

思ったようなデザインが届く
全く同じという訳にはいきませんが、想像の範囲内のデザインのフラワーアレンジが宅配されます。実はこれはなかなか大変なことなのです。

高くない
私自身が花屋さんなので、ネットショップのフラワーアレンジ宅配がすごく安い、とは思いません。しかし確実に通常店舗より安いです。花屋さんの経営上のコストの多くは人件費とロスです。ロスを減らすことでかなり花を安く抑えることが出来ます。ネットショップはこのロスを減らす可能性を十分含んでいます。

デザイン性
フラワーアレンジを宅配で贈るのであれば、価格よりデザインにこだわるべきです。もしも価格を問題にするのであれば幾らでも安いものを提供する店があります。それよりも面白いデザインをオススメします。ネットならば、居住地域からでは絶対に訪問できない店に注文が出来ます。出来るならば何かしらコンテストなどで実績のある人がいいですね。

フラワーアレンジ宅配のデメリット


届くまでに傷む
一昔前よりも花の宅配は増えましたし、事故は減ったのですが、それでも生もの。何かしらの理由で痛むということは十分あります。夏の暑さ、冬の寒さで宅配の箱の中で傷んでしぼんでしまうことが十分あります。また宅配業者が花の取り扱いに慣れておらず、振り回したり投げたり、上下逆さに置いたり、暑い場所・寒い場所に置くなどすることも。

宅配事故は決して花だけの問題ではないのですが、やはりある程度は起こりえます。フラワーアレンジの場合は吸水性スポンジに茎が刺さっていて花が水をもらえるようになってはいますが、それも確実とは言えません。

特に夏の暑さは危険。夏はクール便で送るとかなりリスクが減ります。

大きさに注意
ネットショップで買う場合、画像では大きさが分からずピンと来ないことが多いのです。ネットショップはイメージしやすいようにいろいろと工夫をしていますが、あまり花を買いなれていないのでやっぱりピンと来ません。これは何度か購入するしかないです。
デザインや新しい花材を取り扱うと高単価になり、フラワーアレンジが小さくなります。デザイン性重視の場合はある程度は目を瞑らないといけませんが、お供えのフラワーアレンジ宅配ならば、大きさの方が大事ですし、祝いの場合も大きいほうがイイ場合もあります。ショップ側によく問い合わせると良いです。

母の日など書き入れ時は危険
ネットショップに限らず花店は、母の日など書き入れ時以外は非常に閑散としています。すると、売り上げが急に伸びる母の日に人を雇って、フラワーアレンジを製作しフラワーアレンジを梱包するのですが、日ごろやっていない人がやるので、品質が悪くなり、梱包が雑になって事故が置きやすくなります。また、少ない人数で出荷する場合だと、作り置きしたフラワーアレンジを早めに梱包してお届け日直前に出す為に、新鮮ではないことも。
対応策としては、母の日前後に注文するのではなくて、一週間前や一週間後に届けるようにします。実は母の日は花の価格も上昇しますし、こちらの方が得です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

花ギフト関連用語の仲間


花ギフト関連用語の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用