セントポーリアの育て方

MENU
TOP>イワタバコ科>セントポーリア
スポンサードリンク

セントポーリア(アフリカスミレ)

セントポーリア
科名イワタバコ科
属名アフリカスミレ属
学名Saintpaulia
別名アフリカスミレ
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

小さくまとまっているので室内で管理するのに便利な花。室内で育って、葉っぱに水が掛からないようにするので、葉っぱにホコリがつきやすい。葉が汚れてたらティッシュで優しく拭いてあげてください。

花が咲き終わったり、葉っぱが傷んだら、小まめに取り除いてください。放っておくとそこから健康な部位も傷んでしまいます。

水やりと肥料

土の表面が乾いているようであれば、水をやってください。特に4月~10月の気温の高い時期は成長しますので水を切らさないようにしてください。

冬は水やりを減らしてください。

水をやり過ぎると腐ります。

●葉っぱに水が掛からないようにしてください。
●暖かい時期(4月~10月)は月に1回程度液体肥料を与えてください。それ以外の時期はやらないでください。
肥料を与えすぎると花付が悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根が張りやすいので一年に1回、植え替えをしましょう。6月が適しています。

管理場所・日当たり

直射日光が当たると傷みますので、一年を通じてレース越しの日が当たる場所が好ましいです。

●室内のレース越しの日が当たる場所。
●5度以下にならないように。
●出窓は真冬になると5度以下になることがあります。寒冷地では夜は室内の暖かい場所に移動してください。
●真夏の室内が30度を越える場合は風通しのいいベランダへ。暑さにも弱いです。
●温風・クーラーが当たらないように

その他

セントポーレアは蛍光灯の光でも十分、というイメージがありますが、一般家庭の蛍光灯では光が弱く(蛍光灯とセントポーレアの距離が長すぎる)、専用の蛍光灯のついた水槽や棚で管理しないとダメです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

名前は発見者セントポール・イレールから。
1884年ザンジバルのイギリス副領事ジョン・カークが王立植物園に標本を送るが不充分な標本だったために記載されず。
1887年牧師W.E.テイラーがケニアで採取し大英博物館に送るものの標本が不充分なために記載されず。
1891年ドイツ人セントポールがウサンバラ山地で採取したものをハノーバーのヘレンハウゼン王立植物園へ送ると、新種と認められて発見者の名前にちなんで「セントポーレア」と名づけられた。

日本でセントポーレア普及に尽力したのは川上敏子さん(2009没・享年94歳)
花言葉は「小さな愛」
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

イワタバコ科の仲間


イワタバコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用