虹色スミレの育て方

MENU
TOP>スミレ科>虹色スミレ
スポンサードリンク

虹色スミレ

虹色スミレ
科名スミレ科
属名ビオラ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方はビオラパンジーと同じです。ビオラパンジーの方が詳細に書いてあります。
育て方のコツは
花ガラを摘む
●花が咲いているうちは液肥をやる
●暑さに弱いので、気温が高いうちは植えない
●土は新しいものを

花ガラを摘みましょう
花がしぼむと、その花が他の花にくっついて傷みますし、花が終わると種をつくろうと栄養がそっちに回り、つぎのツボミが成長しずらくなり、花が減ってきます。花ガラを摘むか摘まないかで、花のつきが全く違います。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやる
虹色スミレに限らず、ビオラ・パンジー類は冬の間も成長し、花を咲かせることもあって、水の吸い上げは強いです。といっても、頻繁に水をやれば痛んでしまいますので、あくまで「土が乾いていたら水をやる」というペースです。

出来れば花に水が掛らないように
花に水が掛ると花が傷みやすくなり、花がしぼんでしまいます。出来るだけ花に水が当たらないようにし、土に水を注いでください。ただし、花が沢山咲くので、あまり気にしない人が多いです。

肥料を必ず追加
新しい土で植えた場合、培養土の中に肥料が入っているので、しばらくの間は肥料は必要ないですが、花が沢山咲くので、肥料が切れて来ます。液肥を10日に一回程度あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

必ず新しい土で
去年植えた土にそのまま植えないでください。古い土は栄養が偏り、細菌が繁殖しています。古い土は捨てて、新しい土で植えるか、古い土に「土のリサイクル剤」を混ぜて復活させてから植えてください。

用土は花と野菜の土か、ビオラパンジー類の専用土が販売されていますので、これを使います。もしくは赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使います。

プランターに3個
横長65センチのプランターに3苗植えます。もしくは直径25センチから30センチの丸い植木鉢に一つ植えます。

管理場所・日当たり

日当たりで管理してください。
一日4時間程度日が当たる半日陰でも育てることは出来ますが、出来れば日当たりで管理してください。日光が不足すると花つきが悪くなり、株が弱くなります。

霜に当たっても枯れないのですが
霜に当たっても枯れないのは枯れないのですが、霜に当たると縮んでシナーっとなります。霜に当たっても枯れないことが売りなので、普通は気にしませんが、霜の降りない軒下だと尚良いです。

特徴・由来・伝承

虹色スミレは鮮やか!
サカタのタネが販売しているビオラの新品種。一輪の花の中で複数の色合いを持つことから「虹色」というネーミングです。しかし、この虹色スミレは色合いは、大きな問題ではないです。確かに色は鮮やかですし、グラデーションもすばらしいと思います。しかし、昨今のビオラ・パンジーの商品開発の中では、虹色スミレの色合いはあくまで特徴という範囲であり、好みの問題です。

もっとも特筆すべきは育てやすさ
虹色スミレはとにかく育てやすい。そして簡単にキレイな株になり、花つきが良いです。ビオラ・パンジーは供給過多気味で80円や安い店だと一個30円で販売されています。それを思うと虹色スミレは大体300円前後。高い、と思うかもしれません。しかし、一度育ててみれば、その差は一目瞭然。比べ物になりません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スミレ科の仲間


スミレ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用