ムーランフリルルージュの育て方

MENU
TOP>スミレ科>ムーランフリルルージュ
スポンサードリンク

ムーランフリルルージュ

ムーランフリルルージュ
科名スミレ科
属名ビオラ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

水やりと肥料

水やりの注意点
ムーランフリルルージュは冬でも成長し、水を吸い上げるので思ったより水を吸い上げますが、とはいっても水をやりすぎると根をいためますし、夕方にやった水が朝に凍結して根を傷めるということがありますので、水のやりすぎに注意してください。また、凍結するほど寒い時期は水やりを午前中に行うようにしてください。

肥料は追加して下さい
市販されている培養土で植えた場合でも、しばらくすると培養土にあらかじめ入っている肥料が切れて花つきが悪くなります。液肥を10日に一回ほどやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土か、赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。ホームセンターやネットショップでは「ビオラ・パンジー専用土」というのも売っています。

植え付けは霜が降りる前がいい
できれば十月から十一月の霜が降りる直前が適しています。ムーランフリルルージュはネットなどで早くから販売していますが、あまり早く植えると「暑さ」で傷んでしまいます。霜が降りる前としたのは、あまりに寒いと人間の方が辛いからです。12月以降も植え付けには問題ありません。

管理場所・日当たり

日当たりを好み、寒さには強いです。霜が当たっても構いませんので日光が当たる場所で管理して下さい。

特徴・由来・伝承

イタリアの種苗会社ファーメン社が育種したスミレの園芸品種。フリルがついていること、茎がしっかりしていて切花として楽しむことも出来るのが、特徴です。

第一園芸さんのサイトで写真を見ると、まるで絵本にでも出てきそうなすばらしい造形美の花ですが、遠目に見ると、フリルがあるせいで、花壇がゴチャっとしている風にしか見えないのが、ちょっともったいない。でも、近くで見るとビオラ・パンジー類とは思えない造形をしています。

現在色合いが、黄色・茶色・紫・薄紫といった地味な色合いばかりなのですが、これがピンクだったら……ムーランフリルルージュはもっと爆発的に広がるのではないか??とも思います。

しかし、限られた農園からしか出荷されていません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スミレ科の仲間


スミレ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用