モンキーツリーの育て方

MENU
TOP>キク科>モンキーツリー
スポンサードリンク

モンキーツリー(セネキオ・クライニア)

モンキーツリー
科名キク科
属名セネキオ属
学名Kleinia neriifolia Haw.
別名セネキオ・クライニア
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


触ると幸せになる、という言い伝えがあるキク科の多肉植物。夏に休眠するので、夏場に水を控えることが、注意するくらいで、あとは室内の日当たりで管理すれば何年も成長する観葉植物としては簡単な部類の植物。

夏に葉が落ちる
キク科で多肉植物、というだけでもちょっとピンと来ないですが、夏場に休眠して水の吸い上げが鈍くなり、水を同じようにやっていると、根が腐って枯れてしまいます。

水やりと肥料

過湿に弱い
春と秋は土が乾いたら、鉢から水が染み出すくらいにしっかりと水をやってください。モンキーツリーは過湿に弱く、土が濡れている状態が長く続くと根が腐ってしまいます。

夏の水やりに注意
7月・8月の夏場は休眠してしまい、水の吸い上げが鈍ります。水を控えて下さい。夏は日陰で管理し、水やりは土が渇いてから数日経ってから水をやります。水をおなじようにやっていると、根が腐ってしまいます。夏は若干葉が落ちます。

冬も水を控える
冬は寒さで成長が鈍りますので、水を控えます。土が乾いてから数日経って水をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根がはみ出しているならば、植え替えを検討しましょう。古い鉢から株を取り出し、土を崩して、古い根を少し切り、新しい鉢に植え替えます。

サボテン用の土で
水はけのよい土を好みますので、用土はサボテンの専用土を使うか、赤玉土腐葉土2川砂1を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

春と秋は日光に当て、夏は日陰で管理します。耐寒温度は5度以上でそれ以下になると枯れてしまいます。冬は室内の日当たりで管理して下さい。

特徴・由来・伝承

カナリヤ諸島原産のキク科植物。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用