キラキラ星の育て方

MENU
TOP>スミレ科>キラキラ星
スポンサードリンク

キラキラ星

キラキラ星
科名スミレ科
属名スミレ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はビオラパンジーと同じ
これといって特殊なことはなく、簡単に育てられます。大事なのは日光と、肥料。寒さにも強く、霜に当たってもかれません。
しぼんだ花は摘んで下さい
しぼんだ花は摘んで下さい。面倒なのでしないことが多いのですが、コレをするかしないかが、初心者と中級者の境目です。

しぼんだ花に種をつくろうと株が栄養をまわし、次のつぼみが咲きづらくなりますし、ツボミが少なくなります。これをすることで、花が増えます。
一年草です
秋に植えて、春まで咲いて夏までに枯れる。というサイクルです。最近では多年草のビオラ(スミレ)もありますが、やっぱり花つきが悪いです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。ビオラ・パンジーは冬の間も比較的、水を欲する方で、あまり控えていると乾燥でしぼんでしまいますが、かといって水をやりすぎても根をいためてしまいます。
特に、真冬は水をやりすぎると朝方に残った水が凍り、霜柱になるなどして根をいためてしまいます。枯れはしないのですが、決して良い事ではありません。

肥料は必要です
キラキラ星に限らず、ビオラ・パンジー類は長い間花が咲きます。なので、植え付け時に配合された肥料だけでは途中で息切れして花が途切れてしまいます。
そこで、一週間に一回か、二週間に一回は液肥をあげて栄養補給してあげてください。肥料が切れると花つきが悪くなりますし、葉色も鈍くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け適期は霜が降りる前
植え付けの適した時期は秋。霜の降りる前です。最高気温が20度前後だと、間延びしますし、気温が高くなると最悪枯れることもありますので、気温が下がり、霜が降りる前にくらいが良いです。
霜が降りる前としたのは、霜が降りるほどに寒くなると庭作業するのが辛くなるからで、キラキラ星の苗にとって適していないというわけではないです。

用土は普通ので
市販されている華と野菜の土や培養土で植え付けをします。絶対に古い土で植えつけないでください。病気になったり、成長不良を起こします。

管理場所・日当たり

日当たりで管理して下さい
日光をこのみ、日光が不足すると華も減りますし、成長も鈍くなります。

特徴・由来・伝承

見元園芸さんのオリジナル品種。本来、まん丸な花びらが、確かに言われてみれば、星型に見えるように、細長くなっているパンジー。花が小さいのでパンジーなのかビオラなのか、もう良く分かりません。

しかし、かわいい。

いままで見ていた花の大きなパンジー・ビオラの類とは一線を画す新商品と言っていいと思います。最近、この花びらが細長いタイプを「うさぎ」とか「ねずみ」に似ているとして、販売していることが多く、その一つです。

黄色くて星型、言われてみればキラキラ星。華も小さくまとまって、自己主張しすぎず、日本人の感性には合ってます。

でも、若干、通常のパンジーより弱いかもしれません。弱いといっても、少しだけ根の張りや株の成長具合が遅い程度です。もちろんパンジー類が非常に育てやすいのでさほど気にすることはありません。問題なく育てられます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スミレ科の仲間


スミレ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用