ハイノキの育て方

MENU
TOP>ハイノキ科>ハイノキ

ハイノキ

nophoto
科名ハイノキ科
属名ハイノキ属
学名Symplocos coreana
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

近畿から九州、南西諸島に自生する常緑低木。関東でも庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉します。五枚の花びらからなる白い花を咲かせます。花よりもその樹形と常緑樹のわりに繊細な葉っぱ(常緑樹は針葉樹と肉厚な広葉が多い)が魅力で、人気のある樹木です。

成長が遅いので
庭植えするのであれば、出来るだけ大きな苗木を植えた方がいいです。というのもハイノキは他の庭木に比べると、成長が遅いからです。年間で20センチか30センチほど。小さな苗木を植えるとなかなか大変です。

水やりと肥料


根が浅いせいか乾燥に弱いところがあります。庭植えすればほぼ降雨だけで十分なのですが、日照りが続くようであれば水をやってください。また夏に日差しで乾燥して根が乾燥してしまいますので、根本に腐葉土やワラを敷いてマルチングをするか、根本に玉竜・リュウノヒゲ、その他グランドカバーに向いた植物を植えて乾燥予防をします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えでも育てられますが、普通は庭植えでシンボルツリーとして育てます。土質を選びませんが、水はけが悪かったり、土を掘り返したときに、水がにじみ出るようならば植えても根が腐って枯れてしまいます。

管理場所・日当たり

畑もの、と言われるハイノキは日当たりでもOKですが、山採りものといわれるハイノキは日陰を好み、半日陰か日陰で育てます。日向で育てると葉っぱが焼けて徐々に枯れていきます。ネットで市販されているハイノキは大抵が畑ものです。これは山採りものが大きく広がるのに対して、畑ものがまっすぐスレンダーに伸びることが「都市部の庭向き」とされるためです。
畑モノと言われるハイノキでも半日陰で育てられます。

山採りもの
山採りものは日当たりのよいところでは葉やけしてしまい、真夏に葉っぱが落ちてしまいます。真夏に一日の日照時間が二時間程度の日陰や半日陰になる場所で管理して下さい。寒さには強いですが、寒さで葉っぱが落ちることもあります。

畑もの
九州などで育てられたハイノキは日向でも葉やけはしにくいです(あまりに直射日光が強いと葉やけすることがあるらしいです)。畑ものでも寒いと葉っぱが落ちることはありますが、6月前後までにはほぼ回復します。

西日を避ける
夏の直射日光と乾燥、特に西日に弱いです。乾燥を避けるには根本に腐葉土やワラを敷いてマルチングをします。西日がどうしてもあたる場合は、スダレなどを掛けて日除けをします。
スポンサードリンク

その他

ハイノキは成長が遅いので、邪魔になれば剪定しますが、バキバキ切ってしまうと回復に時間が掛かります。ほとんどノーメンテナンスで。

枯れた枝は切る
ハイノキが真夏の直射日光で枝枯れしたら、涼しくなってからでいいので、枝を切ります。枝を放置しておくと病害虫の巣になります。

特徴・由来・伝承

常緑樹で花が咲きます。葉が小さく樹形がよく、ネットなどでも庭木として非常に人気になってきています。成木では5メートルから10メートルほどになります。

酸化アルミニウムが含まれていて、灰汁が染めものに利用されていたことから「灰の木」と呼ばれるようになりました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用