黒法師の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>黒法師

黒法師(サンシモン)

黒法師
科名ベンケイソウ科
属名アエオニウム属
別名サンシモン
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

黒法師はアエオニウム(アエオニューム)の一品種です。黒法師は葉っぱの色がほとんど黒色の紫という植物の中でも非常に珍しい色合いの品種で、観葉植物として春から秋に掛けて流通します。

冬に生育し、夏に休眠する
黒法師は秋から春に掛けて生育し夏には休眠します。夏は基本的に水を控えるものですが、庭植えしていることもあるくらいですから、水を全く必要としないのではなくて、夏でも水を定期的にあげてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

多肉植物なので水は控えめに
水やりは控えます。水をやりすぎて枯らすパターンが多いです。春と秋は土がカラカラに乾いて白く変色してから水をやります。土が濡れているうちに水をやっていると根が腐ってしまいます。水をやるときは鉢底から染み出す位にしっかりとやってください。

黒法師は冬に成育して夏は休むパターンなのですが、何せ夏の高温が激しいものですから、あまり水を控えるとシオシオになってしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されているサボテンの土か多肉植物の土で植え替えをします。めったに植え替えることはありません。鉢の底から根がはみ出していたら植え替えをします。植え替えは春か秋に行います。

挿し木で簡単に増える
黒法師を育てているとヤシの木のように植えには黒い葉っぱがついているのに下の葉っぱは落ちていき、頭でっかちになります。これが正常な形です。しかしこのまま育てていくと、鉢がひっくり返ってしまいます。そこで適当に短く切ってサボテンの土に挿し木します。簡単に付きます。挿し木は秋に。最初は日陰で管理し、根付いたら徐々に日当たりで管理します。
残った側もそのまま管理していると新芽が出ますよ。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりへで管理し、夏は暑さに若干弱いので半日陰か風通しのよいところで管理します。冬は寒さ(5度以下)に当たると枯れてしまいますので、必ず室内に取り込んでください。熱帯性の植物で霜に当たると枯れます。

春に戸外に出すときに注意!
冬に室内で管理していると、弱い光に慣れてしまい、春の直射日光にあたっても葉焼けしてしまいます。そこで春になってすぐに戸外に出すのではなくて、戸外の日陰で10日→戸外の半日陰で10日→日当たりと徐々に慣らしてください。

特徴・由来・伝承

ベンケイソウ科アエオニウム属の多肉植物です。黒いうろこの様な肉厚な葉っぱが幾重にも花のように茂ります。好みの分かれる容姿です。生育が遅いので変化が少ないです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用